FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島泰勝の「抗議文」

次の文章は、私の「抗議文」です。



抗議文
東京大学駒場祭委員会殿 
2016年11月3日龍谷大学経済学部 松島泰勝

 2016年11月27日、東京大学駒場祭において開催されたTOSMOS主催のシンポジウム「9条だけじゃない改憲・護憲」において配布された私のレジュメに自著書名の記載を禁じたことに対して、次の理由から強く抗議したい。

 私は今回のシンポに一人の研究者として登壇したのであり、特定団体(例えば、龍谷大学経済学部、琉球民族独立総合研究学会等)を代表して発言したのでもなく、またその団体の著作物の販売を目的にして講演したのでもない。TOSMOSの企画趣旨に賛同し、自らの学説を報告し、他の講演者、会場の聴衆者と議論を行ったのである。自著書名の紹介は、自らの研究成果を明らかにするという私の表現の一つの形である。聴衆者はそれにより講演後、私の報告内容についてさらに検討することができる。

 これまで私は琉球独立に関する多くの講演会、シンポジウムで報告を行ってきたが、レジュメにおいて自著作名の公表が禁じられたのは今回が初めての事例である。

 「特定団体の広告」に相当するという見解を具体的に説明してもらいたい。自著作の紹介という個人の表現を禁止する行為は、日本国憲法第21条の「表現の自由」に抵触すると考える。

 私は1963年に石垣島で生まれた琉球人である。1879年の日本政府による琉球併合後の戦前、戦中そして戦後の米軍統治時代に琉球人の表現の自由は大きく侵害された。琉球の統治者は、琉球人の主張や思想を抑圧することで、日本人への同化、戦争への協力、集団的強制死、米軍基地の建設とその強制等の植民地政策を推し進めてきた。戦時中、日本軍司令部は琉球人が琉球諸語を話すとスパイと見なして処刑してもいいという軍命を出し、実際それを行った。

 貴団体による今回の措置は、琉球人に対する抑圧と差別の歴史を私に思い起こさせ、非常に不愉快である。嫌悪感、怒り等の感情がわき上がり、精神的にも傷つけられた。
 今回の措置に関する貴団体による説明と謝罪を強く求めたい。
スポンサーサイト

<< 他の民族を排除するのではなく、まず自らの自己決定権行使としての独立を自らの課題として考える琉球人が学ぶための学会 | ホーム | TOSMOS(東京大学現代社会研究会)の声明 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP