FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

他の民族を排除するのではなく、まず自らの自己決定権行使としての独立を自らの課題として考える琉球人が学ぶための学会

松島泰勝は父の車椅子を押して近くのスーパーに行き、帽子、靴、手帳を買って誕生日のプレゼントをし、両親と食事会をしました。大変喜んでもらい嬉しかったです。父も外の空気を吸って気分転換になったようです。

学会研究大会の昼休みの時間を活用して、大学周辺のフィールドワークを行いました。手前のゲートが大学のもの、少し奥にある金網は普天間基地のものです。普天間基地は大学の目と鼻の先にあります。

琉球民族独立総合研究学会の会場入り口に、学会の幟が立てられました。本学会は「琉球人の琉球人による琉球人のための独立」を具体的に研究し、議論する学会です。琉球独立の際、他の民族を排除するのではなく、まず自らの自己決定権行使としての独立を自らの課題として考える琉球人が学ぶための学会です。

沖縄国際大学の校庭にある高倉です。学生たちは暑い日はこの下で涼むことができます。琉球の文化に日常的に接することができ、とてもいいですね。
スポンサーサイト

<< 松島泰勝は地元紙への寄稿を通じて、自らの見解を公にし、議論を深めることができました | ホーム | 松島泰勝の「抗議文」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP