FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球のホームレス問題

12月10日の琉球新報にホームレス問題に関する記事がありましたので、お伝えします。
派遣、季節労働として大和に来ている琉球人が解雇され、島に戻りホームレスをせざるおえない状況に追い込まれている人々が増えています。



雇用情勢の悪化などを受け、県内のホームレス支援団体が提供する宿泊施設の入居者が増加、満室状態となり、新たな受け入れができない状況に陥っている。

ホームレスの自立支援に取り組む民間非営利団体(NPO)プロミスキーパーズ(西原町)の寮には定員54人に対し、9日現在、95人が入所。

愛知県で「派遣切り」に遭った人からの問い合わせも寄せられているが、施設は現在「パンク状態」。身寄りのない高齢者や生活困窮者らを支援する特定非営利活動法人(NPO法人)みのりの会(那覇市)の施設も、定員(37人)満杯の状態が10月から続く。

 那覇市内の公園でホームレスの巡回指導に当たる同市福祉政策課では「年明けには愛知などでの派遣切りの影響も出てくるのでは」と失業によるホームレスの増加を懸念。

両団体は「民間の活動では限界がある。行政も何らかの支援を考えてほしい」と訴えている。

 プロミスキーパーズでは9月から入所者が急増。再就職が難しい50代後半の入所者が多い。自立支援と資金造成のため取り組む古紙や空き缶の回収が、金属や古紙の価格暴落で大打撃を受け、資金面でも厳しい運営を迫られている。

 プロミスキーパーズの山内昌良代表は「愛知から『行く所がない』という県出身者の問い合わせも増え、今までにない厳しい状態。活動への寄付や行政からの資金面、再就職支援をお願いしたい」と説明する。

 みのりの会の玉木勉理事長は「仕事も住む所もないという若い人の問い合わせも多い。生活保護を受けている高齢者にはさまざまな支援が必要で、人的にも資金的にも運営は厳しい。行政が宿泊施設を確保してほしい」と話す。

 市福祉政策課によると、市内のホームレスは10月1日現在117人。伊志嶺勉巡回指導員は「1人が公園生活から脱却すると、新たな野宿者が1人増えるような状況で横ばい状態」と説明する。

生活保護申請の相談や安価な簡易宿泊所への案内に取り組むが、抜本的な対策には至っていない。

 同市保護課によると、12月3日現在、ホームレス関係の生活保護に関する新規相談が14件(2007年度5件)、保護開始が11件(同5件)あり、相談は年々増加。

川満幸弘参事は「セーフティーネットの生活保護は最後のとりで。低所得者や生活困窮者をどう救うか対策がうまくいかなければ、ホームレスは増加するだろう」と説明する。

 1年前から市内の公園でホームレス生活をする男性(65)は「板前として東京や長野、県内などで働いてきたが、今は仕事もなく、やむを得ずここにいる」と話した。

スポンサーサイト



<< 与論島の生死観 | ホーム | 竹富島の水牛車営業所問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


 BLOG TOP