FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球とハワイとの歴史を重ねてフィールドワークをしました

松島泰勝が東海大学の教員であったころ、学生さん達とハワイに2回程、研修旅行に行きました。その度に琉球とハワイとの歴史を重ねてフィールドワークをしました。

松島泰勝がグアムの日本総領事館で働いていた頃、最大瞬間風速104メートルという台風の経験をしました。住んでいたマンションの部屋は大きく揺れ、多くの車もひっくり返っていました。

松島泰勝が在パラオ日本国大使館で働いていた頃、沖縄タイムスのコラム唐獅子に定期的にエッセイを投稿させて頂きました。離れていても琉球と繋がっているように感じました。
スポンサーサイト

<< アガナはグアムの首府名ですが、チャモロ民族の言語復興運動によって本来の首府名であるハガッニャに法律的にも変更されました | ホーム | 外務省の仕事とは何か、グアムとパラオとの違い、独立国の運営方法等、多くのことをこの名刺を使いながら学びました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP