FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

The Osprey crash! Time for Okinawans to unite to get the bases out! Make big noise about this! Talk about all the human and environment damage to Okinawa. Tell them to have the base in their own back yard!

昨日は、大阪市立中央会館ホールで松島泰勝講演会「琉球の自己決定権と平和」に多くの方々がお越し下さり、またご質問や賛同の意見を頂戴し、心より感謝申し上げます。自宅に着いたのは深夜12時になっていました。浦和、大阪と東奔西走の忙しい週末でしたが、多くの方々との出会いがあり、暖かい励ましの言葉を頂戴し、学びの多い充実した時間を過ごすことができました。

先月、グアム政府脱植民地委員会のアルベルス事務局長が龍谷大学で講演をされた時の写真です。非常に貴重なお話を学生にして下さいました。

琉球でのオスプレイ墜落に関して、エドさんは次のような力強いメッセージを伝えて下さいました。The Osprey crash! Time for Okinawans to unite to get the bases out! Make big noise about this! Talk about all the human and environment damage to Okinawa. Tell them to have the base in their own back yard!

スポンサーサイト

<< 琉球人に対する「土人」発言を被差別部落民としてどのように受け止めたのか | ホーム | 埼玉県庁周辺、商店街等の人通りが多い場所に、弁護士の方々が50本のステカンを立てて下さいました。多くの人々が琉球独立の主張や議論が存在することを認識したと思います。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP