FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人に対する「土人」発言を被差別部落民としてどのように受け止めたのか

昨日は、松島泰勝の授業「地域経済論」において京都最大の被差別部落である崇仁地区で町おこし活動をされている山内さんが講義をして下さいました。琉球人に対する「土人」発言を自らへの差別発言でもあると受け止め、告発して下さいました。その後、大学近くにある3年連続外国人に最も人気がある観光地として認定された、伏見稲荷大社において松島ゼミの学生がインタビュー調査をしました。外国人観光客から多様な興味深い声を聞くことができました。

松島泰勝ゼミは、3年連続外国人観光客に最も人気のある伏見稲荷大社においてインタビュー調査をしました。英語、ハングル、中国語、フランス語等を学生達は駆使して、外国人観光客に話しを聞きました。とても興味深いことが分かったようで皆さん充実した顔をしていました。

来年4月から高瀬川の清掃をしながら、地域の歴史や文化を学び、そして地域をつくっていく試みへの参加を学生達に呼びかけて下さいました。京都の大学生が「解援隊」という名前で活動をする予定です。昨年、山内さんは台湾原住民とのシンポ、フィールドワークを実施されました。

松島泰勝の地域経済論を受けている200名以上の学生のために、3つの資料を来るまでも持ってきて下さいました。被差別部落における差別問題、琉球人に対する「土人」発言を被差別部落民としてどのように受け止めたのか、山内さんがどのように具体的に差別されてきたのか等、非常に大切な話しをして下さいました。

柳原銀行記念資料館の山内事務局長が、グラミン銀行よりも早く京都に設立された、被差別者のための銀行、柳原銀行の歴史から学ぶ現在のコミュニティマネージメントについて講演されました。

スポンサーサイト

<< 謝名親方顕彰碑の前に行き、独立学会での議論、高江での基地建設強行、「土人、シナ人」発言の問題等について報告しました | ホーム | The Osprey crash! Time for Okinawans to unite to get the bases out! Make big noise about this! Talk about all the human and environment damage to Okinawa. Tell them to have the base in their own back yard! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP