FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与論島の生死観

12月3日の南海日日新聞に与論島の生死観について興味深い記事が掲載されていましたので、お伝えします。
近代化の嵐の中で、島の貴重な生活習慣を守り続けている与論島の人々の生き方は敬服に値するものだと思います。この研究内容に関して、喜山さん、何かコメントなどがあればお送りください。




 鹿児島民俗学会の例会がこのほど鹿児島市であり、沖縄キリスト教学院大学の近藤功行教授が与論島の人々の死生観について発表した。

祖先と再会する場として洗骨儀礼が今も残る与論は「魂の島」とも呼ばれ、自宅で死を迎える人の割合が多い。

一九八六年から与論島で調査研究している近藤氏は、在宅死の多い背景に「与論神道」による祖先崇拝の強い信仰があり、島の生活では死後の社会と現代社会がつながっていることなどを指摘した。
 
近藤氏は、九六年に与論島に総合病院が開設されたことで在宅死の割合に変化が見られるかという調査を六年間実施した結果、死亡者の約八割は自宅に戻り最期を迎えており、病院での死亡は交通事故や不慮の事故などのケースがほとんどだったと報告。

「近代化が進む中にあっても、最期は自宅で迎えたいという島の人の考えに変わりはない」と説明。

 また与論の在宅死を支えている背景には、死者は守り神となると考える島独特の「与論神道」の存在があると指摘し「与論では家の中や墓地にも神が存在し、生活の中で常に神が見守ってくれているという考えがある」

「祖先を敬い大切にする考えは隣接した沖縄よりも鹿児島に近いのかもしれない」などと述べた。
 このほか、与論島の洗骨習俗は、明治期の風葬禁止令で土葬に移行する際に始まったという説があることも紹介した。
スポンサーサイト



<< 今日から東京に行ってきます | ホーム | 琉球のホームレス問題 >>


コメント

生と死がつながっている

お招きありがとうございます。南海日日新聞をとっていないので、こういう紹介は嬉しいです。

書き始めたら長くなったので、記事にしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


生と死がつながっている

 「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」で南海日日新聞の記事が紹介されている。  「


 BLOG TOP