FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

数年前、お二人と龍大の学生とともにパラオに行き、同国のレメンゲサウ大統領と面会しました

グアム大学のマイケル・ベバクア教授が講演を行っています。マイケルさんの専門はグアムの政治史、チャモロ語教育ですが、グアム政府脱植民地化委員会の中で独立部会の共同代表もしています。また写真家、漫画家、鍛治士としても活動しており、レオナルド・ダビンチのように多才です。

数年前、お二人と龍大の学生とともにパラオに行き、同国のレメンゲサウ大統領と面会しました。現職大統領とお二人との会話は、大変興味深いものであり、日本の植民地・琉球の人間としても大変、刺激になり、励みになりました。

松島泰勝も、お二人と学生達の意見交換を通訳しながら、多くのことを知り、考えることができました。これまで龍谷大学の学生は、何度かグアムを訪問し、チャモロ人へのインタビュー、フィールドワークを行いましたが、京都でグアムのお話を聞いたのは初めてです。

松島泰勝のゼミでも、エドさんとマイクさんに対して、学生全員そして東京新聞編集委員の白鳥さんが質問や意見を述べました。学生はチャモロ人と初めて会話をし、グアムのことをより身近に、自分の問題として考える機会になったと思います。

松島泰勝は2年間、グアムの日本総領事館で働いた経験があり、その後も龍大生と何度か訪問してきました。その際、植民地としての琉球とグアムとの類似性、活発な脱植民地化運動等、多くのことを学びました。この日もお二人の講演、学生等からの質問の通訳をしながら、グアムに感謝しました。


スポンサーサイト

<< 松島泰勝の写真を改めて見ると、やはり日本人ではなく、琉球人であると思います。20代の頃からそのように自覚し、自らの内面を掘り下げてきたから、内面が表面に現れたのかもしれません | ホーム | 謝名親方顕彰碑の前に行き、独立学会での議論、高江での基地建設強行、「土人、シナ人」発言の問題等について報告しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP