FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今朝、グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長とフェスブックで次のようなチャットを行いました。朝から大変励まされました。今年3月には琉球に来て、講演をされる予定です。

松島泰勝は今日はこれから東京に行きます。早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行い、学生さんと真剣に議論をします。また多くの研究書を収集し、先達の研究を踏まえて、自分の世界をさらに広げ、深めたいです。

昨日、東京にあるJRと東急の2つの駅前を歩いていると、双方において教育勅語の大切さをマイクで訴える、まじめそうな2人の男性がいました。日本において急速に、草の根的に戦前体制への回帰が進んでいることを改めて自らの肌身で感じました。

今朝、グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長とフェスブックで次のようなチャットを行いました。朝から大変励まされました。今年3月には琉球に来て、講演をされる予定です。

アHow are you over there? Is it still very cold?
松Very busy.I am now in Tokyo.I will do the presentation before students in Waseda Univ.Also it is very cold too.
アOh good! What is your presentation about?
松The Peace and War in Okinawa is the theme of my presentation.
アI see.Will it cover Ryuku's Independence movement?
松Of cause,I will say the independence movement with the situation of war and people in Ryukyu.
アVery good! How do the Japanese respond to your presentations?
松They are becoming to understand that movement is based on logical,historical,economical thinking ,not on only feeling of angry.
アGreat! Now you must prepare. Good luck my brother. I will be with you in spirit!
松Thank you very much.Many Ryukyuans will be encouraged by your support to us in the forum,in coming march,on Okinawa.
アOf course. I will bring Edi to Okinawa.I think Mike san will bring his girlfriend too.We are doing the same.
スポンサーサイト

<< 松島泰勝は早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行いました。最後の20分間、また授業終了後も学生さんが次から次に意見や質問をして下さいました。できるだけ多くの声に真摯に答えさせていただきました。私も新たな発見があり、研究への意欲がさらに増しました。 | ホーム | 今年も、多くの方々と真摯に議論して、学問としての琉球独立論をさらに深めていきたいです。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP