FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島泰勝は早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行いました。最後の20分間、また授業終了後も学生さんが次から次に意見や質問をして下さいました。できるだけ多くの声に真摯に答えさせていただきました。私も新たな発見があり、研究への意欲がさらに増しました。

今日、松島泰勝は早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行いました。最後の20分間、また授業終了後も学生さんが次から次に意見や質問をして下さいました。できるだけ多くの声に真摯に答えさせていただきました。私も新たな発見があり、研究への意欲がさらに増しました。

松島泰勝は早稲田大学の大学院生時代、左側にあった木造アパートで7年間生活しました。今は綺麗なマンションになっていました。毎日、朝から晩まで図書館に籠って本を読んで、読書ノートを書いていました。ここを通るとその頃を思い出し、身が引き締まります。


右側が旧図書館、左側が法学部の建物です。かつては地下にサークルの部屋があり、その一つに先島クラブの部室もありました。松島泰勝もそのメンバーの一人であり、琉球の歴史や文化の1次資料を輪読したり、深夜まで議論しました。図書館での本との出会いと喜び、興奮も懐かしく思い出されます。

左側は政治経済学部の建物です。松島泰勝の指導教授であった西川先生の研究室が二階にあり、そこで他の院生とともに先生の演習指導を受けました。西川先生を通じて、植民地主義の問題、内発的発展論、人権論、開発問題、琉球の平和、国連の役割等、現在の私が立っている土台となるものを学びました。

この通りの奥にある新宿区立中央図書館にも通いました。時々、蔵書のリサイクルが行われ、フランツ・ファノンの著作集も入手しました。約20年後に松島泰勝が『琉球独立への道』を書いたとき、この著作集が大変役立ちました。この後、池袋のジュンク堂に行き、大変、刺激的な近代アジア思想の1次資料集を見付けたので、後日ネットで購入します。
スポンサーサイト

<< 戦前、琵琶湖にも日本軍の基地、大津海軍水上機基地があり、飛行艇が離発着していました。現在は陸上自衛隊大津駐屯地になっています。高島市にある自衛隊基地では米軍との共同訓練も実施さ れ、オスプレイも飛びました。実弾演習の時、近くを歩きましたが、大きな地響きを感じました。 | ホーム | 今朝、グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長とフェスブックで次のようなチャットを行いました。朝から大変励まされました。今年3月には琉球に来て、講演をされる予定です。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP