FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東京ではありがとうございました。

東京では、多くの方と出会い、お世話になりました。心よりお礼申し上げます。

まず、藤原社長、西さん、小枝さんと、来年創刊予定の雑誌と書籍について話し合いました。
来年は島津藩の琉球侵略から400年、琉球処分から130年という節目の年であり、これまでの近代化の意味を考え、これからの自治の道を歩むための雑誌を藤原書店から発刊する予定です。楽しみにしてください。

話し合いの後、四谷にある韓国料理に行きました。新し料理店であり、韓国系の本を出版している高さんが経営されています。大変、おいしく、もう一度来たいと思いました。藤原社長はじめ社員の皆様、感謝申し上げます。

早稲田大学では、300人近い学生さんが静かに授業を聞いてくれました。また、多くの学生が質問してくれました。

私の『琉球の「自治」』を読んでいるという学生(琉球出身)がたくさん付箋が貼られているその本を見せてくれました。「琉球の経済学」をつくるためにはどうしたらいいか質問してくれました。琉球ですでに調査活動をしている学生もいるなど、多くの学生から刺激を受けました。

社会学研究学院の多賀先生をはじめとする同授業の準備をされた皆様にお礼申し上げます。

午後3時ごろ、駒込の琉球センターどぅたっちにつきました。そこには上村英明さんと、学生さんたちが来て島袋さんの話を聞いていました。来週、琉球に行くそうです。ある女子学生は、カンカラ三線に大変興味をもち、音楽が琉球の生活の一部になっていることに感心しているようでした。

島袋さんと会場設定し、6時からトークを始めました。最初はトークのみ、そしてスライドをつかって今の琉球の姿をお見せしながら話をしました。最後に、会場の皆さんとの質疑応答をしました。その終了後、何人かで食事、飲み会をしました。

与論島クオリアの喜山さん、喜久里さん、石坂さんも来てくれました。その他の方々とも出会い、交流し、楽しく、また、多くを学ばせていただく時を過ごしました。

島袋さん、太田さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト



<< 泡瀬開発問題 | ホーム | 今日から東京に行ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP