FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南灯寮はまさに琉球の島そのもので、玄関から外にでると体中に緊張が走り、寮に戻ると島に帰ったようにホットしました。

家の周りは雪で真っ白になりました。先ほど、散歩をしましたが、顔にも雪の粉が激しく当たりました。松島泰勝が学生の頃、東京にある南灯寮で琉球人の仲間と雪を見て嬉しくて飛び跳ね、踊ったことを思い出します。


南灯寮はまさに琉球の島そのもので、玄関から外にでると体中に緊張が走り、寮に戻ると島に帰ったようにホットしました。お兄さんの川平さんにも大変お世話になった。宇佐美さんの弟さんも南灯寮におられたのですね。ご縁を感じます。

雪の中をウォーキングしました。ここ数カ月、毎日1万歩以上歩いていますが、滑らないように足元を気を付けながら歩きました。雪が体に激しくぶつかってきます。

琉球生まれのシーサーも寒そうです。しかし15年以上もヤマトの寒い気候にも耐えて私たちを守ってくれています。
スポンサーサイト

<< 龍谷大学の廣瀬純さんが、今月発刊される『週刊金曜日』で、「琉球復国1」というコラムを掲載されます。昨年末、2時間程、松島泰勝研究室で意見交換させて頂きました。大変、刺激的な論考であり、様々な興味深い視点を提示されています。私の『琉球独立宣言』も紹介して下さり、お礼申し上げます。 | ホーム | 東京の東村山市において、下記の意見書に関する陳情が行われました。豊見城市議会、石垣市議会のように国連勧告を否定する意見書採択があったなかで、琉球の平和を実現するための勇気づけられる、画期的な行動だと思います。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP