FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「「学問の独立」は、「在野精神」「反骨の精神」と結び合います。早稲田大学は、自主独立の精神を持つ近代的国民の養成を理想として、権力や時勢に左右されない、科学的な教育・研究を行ってきました」

重子が雪の中で遊んでいます。今、また空から雪が降ってきました。今週末も雪景色が広がりそうです。

松島泰勝の母校、早稲田大学は危機的状況にあります。大学のホームページに掲載されている「早稲田大学教旨」には次のような記載があります。「「学問の独立」は、「在野精神」「反骨の精神」と結び合います。早稲田大学は、自主独立の精神を持つ近代的国民の養成を理想として、権力や時勢に左右されない、科学的な教育・研究を行ってきました」今回の文科省天下り問題は、大学における研究、教育のあり方を問うものであり、大学当局は猛省をしなければなりません。同教旨を宣言した大隈重信は浄土で激しく怒っているのではないでしょうか。

雪の中の湖西線です。冬になると強風、動物との衝突などで遅れることがありますが、いつもお世話になっています。

松島 泰勝は雪でも重装備で歩いています。ここ4カ月ほど、健康のために毎日1万歩以上歩いています。歩くと色々な発見があり楽しいです。

野良猫の金太郎は、雪の日も、夜も昼も松島泰勝の家にご飯を食べに来ます。以前紹介したロミオは来なくなりましたが、あらたに金太郎が来るようになりました。厳しい自然の中で強かに生きている姿に励まされます。
スポンサーサイト

<< 01/22のツイートまとめ | ホーム | 今月29日、東京の新宿でデモが行われます。お近くの方はどうぞご参加下さい。松島泰勝が国連に行く時に一坪反戦地主会関東ブロックの皆さんにお世話になりました。また同会主催で講演をしたこともあります。私も反戦地主の一人です。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP