FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アイヌ文化交流会in南城市

高良勉さんから以下のようなお知らせが来ております。お時間がおありの方はご参加ください。

友人、知人の皆さま、同志の皆さま、こんにちは。
ベン@沖縄のタカラです。

私は、現在11月18日(日)に南城市文化センター・シュガーホール
で午後6時から開催される「アイヌ文化交流会南城市」の準備に
追われています。この文化交流会は、入場料無料です。

私は、アイヌ文化交流会南城市実行委員会の事務局長をさせられています。
そこで、「協賛金」募金の「呼び掛け」をしたいと思います。

友人、知人、同志の皆さま、どうぞ無理はなさらないで下さい。

志金カンパにご協力できる方は、「返信」等でお知らせ下さい。
よろしくお願い申し上げます。
071106  ベン 拝



『アイヌ文化交流会in南城市』にかかる協賛依頼

1 趣 旨
沖縄の長く暑い夏も終わり、秋風の清々しい季節となりました。皆様には、ますます御健勝のことと拝察いたします。

さて、このたび北海道ウタリ協会上川支部のアイヌ民族の皆さまをお迎えして、「アイヌ文化交流会in南城市」をシュガーホールで開催することになりました。

本交流会は、「アイヌ文化交流会南城市実行委員会」が主催し、南城市との共催により開催されます。

「北の大自然が育んだ民族伝統舞踊」であるアイヌ古式舞踊等の伝統文化を鑑賞・体験することによって、アイヌ民族文化のすばらしさを、一人でも多くの市民に理解していただくと共に、南城市の伝統文化である琉球芸能や琉球舞踊をアイヌ民族の方々に披露し、理解を深め、お互いの文化伝承の振興活動に役立てたいと思っています。

この事業は、(財)アイヌ文化振興・研究推進機構の助成を受け、アイヌ民族の皆様の宿泊旅費等は確保してありますが、実行委員会側の運営資金がありません。

つきましては、出資の多い時節ではございますが、意義のある「アイヌ文化交流会」を実現するために、貴社・貴殿の協賛方「志金協力」を衷心からお願い申し上げす。

なお、協賛のおりは、以下の要領によりプログラム裏面に掲載したいと存じます。

2 プログラム企画
 (1) A4  4ページ  モノクロ  1,000部発行 

3 協賛金
(1) 企業・団体等  1口 5,000円 (何口でも可)
(2) 個人      1口 2,000円  (   〃  )

4 掲載規格 (プログラム裏面)
(1) 企業・団体等   1、5cm(タテ)×6cm(ヨコ)
(2)  個  人    1cm(タテ)×3cm(ヨコ)

5 銀行口座
・琉球銀行 佐敷支店 普通預金 口座番号 294273         
   
・名 義 
アイヌ文化交流南城市実行委員会 代表者 古謝 安子(コジャ ヤスコ)

6 連絡先
・副会長 宮城敏明 南城市佐敷字津波古339 090-3792-4547
・事務局長 高良 勉 南風原町与那覇438-10   098-888-4335

7 アイヌ文化交流会南城市実行委員会(順不同)
  新垣安子(南城市史編集委員) 高良武治(南城市文化協会会長)
  新垣一雄(南城市文化協会) 宮城敏明(津波古梁山泊・山の会)  
 山城百合子(ファッション百合) 高江洲朝男(風の里) 村上呂里(琉球大学)

高嶺久枝(琉舞かなの会会主) 渡名喜明(明王窯) 狩俣恵一(沖縄国際大学)
 
 渡名喜元久(南城市・観光・文化振興課) 浦崎みゆき(南城市文化協会)、?揚華(向陽高校) 崎間恒夫(シーサー句会) 真栄城守克(協同病院医師)大池功(旅行ガイド) 高良勉(詩人)

スポンサーサイト



<< グローバリズムと八重山諸島 | ホーム | 竹富島の自治の取り組みが評価 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP