FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北部振興事業による琉球内の対立

12月10日の八重山毎日新聞に北部振興事業により伊江島に黒糖製造工場が建設されることに対して、竹富町の黒糖製造工場が反対しているという内容の社説が掲載されていますので、お伝えします。

基地が存在する地域に対して補助金を提供する政策を日本政府は行っていますが、それにより琉球間の地域対立が生じ、黒糖製造協会が分裂し、竹富町サトウキビ農家の不安が増しているのです。



伊江島工場建設で市場の混乱はないのか

JAおきなわ(県農業協同組合)が伊江島で計画している黒糖工場建設に竹富町の3工場が激しく反発。

県黒砂糖工業会も反対を決議したことから、JAが同会から脱会を通知するなどの対立にまで発展している。

しかし一方でWTO(世界貿易機関)交渉の結果によっては、サトウキビや肉用牛という沖縄の基幹作物が壊滅的な打撃を受ける危機的な状況下で、むしろ地元は結束しなければならない時期だけに双方に冷静な対応が求められる。

■竹富町3工場が反対
 伊江島にはもともと白糖を作る分みつ糖工場があったが、花きや野菜、葉タバコなどへの転作が進み、03年を最後に工場を閉鎖、具志川の工場に海上輸送することになった。

しかし農家の間には花きなどの価格低迷などで工場再開の要望が強まったことから、米軍基地の見返りである北部振興事業で黒糖の含みつ糖工場を建設することになり、現在JAが本年度で実施設計、来年度建設で計画を進めている。

 その間、一時は液糖・紛糖の加工場を模索したが、結局は採算面から黒糖に参入することになったようだ。

 これに対し竹富町の波照間、小浜、西表の3工場が、「新しい工場ができると市場で製品がだぶついて価格低下を引き起こし、工場や農家を苦境に追い込む」と猛烈に反対。

さる1日には竹富町議会も工場側の要請を受けて臨時議会で反対を決議。3日には川満町長も一緒に県や県議会、沖縄総合事務局に反対要請を行っている。

■JAが工業会から脱会
 一方同3社に加えて、多良間に工場を有する宮古製糖、そして傘下に与那国、伊平屋、粟国の工場を有するJAで構成される県黒砂糖工業会も、先月12日の理事会で「市場の需給バランスが崩れている中で新たな工場参入は危険が大きすぎる」と、JAのみ賛成の5対1で反対を決議している。

 これに対しJAも、先月21日の会長・理事長会議で離島7工場のうち3工場を運営しているが、黒工会の中で意向が十分反映されているといえず、メリットが見いだせないとして12月での脱会を決め、新たに企業系会社とは別に伊江島を加えたグループ4工場で沖縄黒糖振興会(仮称)を立ち上げると竹富町議会にも28日付で通知した。

 確かにJAとしては園芸作物や葉タバコの経営が厳しい中で、今一度キビとの輪作体系で伊江島の農業を振興したいという思いは十分理解できる。

一方でJAには説明責任がある。竹富町の3工場は新たな参入に不安を抱えており、その不安解消のためのきちんとした説明責任があるということだ。

■市場は本当に大丈夫か
 それはまた西表、波照間、小浜の生産者も同じJAの組合員であり、生産者は市場の混乱で島の農業が崩壊することを切実に恐れている。JAは伊江島だけに肩入れすべきでないだろう。

 特に黒糖市場は工場が独自に販売努力し、価格は供給量の増減で大きく変動。さらに制度的にも、白糖に比べてしっかりとした国の保証制度があるわけでなく、そういう意味では八重山の離島農業は黒糖を中心としているだけに不安定な状況にあるといえよう。

 それだけにJAは、伊江島に工場を建設して本当に市場は大丈夫なのか。JAがいう今後の国内市況の拡大対策や制度見直し・予算要求等の農政運動など、その具体的な説明がほしい。これらの説明で黒工会側の理解が得られれば伊江島の工場も建設可能となる。双方の冷静な努力を求めたい。
スポンサーサイト



<< 琉球人季節労働者の解雇問題 | ホーム | 前利さんの「<無国籍>地帯、奄美諸島」が届きました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP