FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人季節労働者の解雇問題

12月19日の沖縄タイムス紙に知事がトヨタに雇用確保を要請したとのニュースを伝えていますので、お伝えします。県は失業率減少のために若者の県外就職を進めていましたが、景気悪化にともない、解雇の対象として派遣、季節労働者がターゲットになっています。

私が住む滋賀県にも多くの工場があり琉球からたくさんの労働者が働きに来ております。湖南市にある沖縄県人会・沖縄館の高間さんたちは、このような琉球j人たちをサポートしております。明日は、学生たちとともに、高間さんに多くの話を聞きに行く予定です。



県人の雇用確保を/雇い止め急増/知事、トヨタに要請

正規雇用者の雇い止めや解雇の急増を受け、仲井真弘多知事は十八日、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社を訪ね、県出身者の雇用確保などを要請した。

トヨタ側の意向で非公開だった。仲井真知事によると、同社は小澤哲専務らが対応。雇用が切れる際の一時金支給や、グループ会社内での求人紹介、契約満了後の一カ月の宿舎利用などが説明されたという。

 仲井真知事は「雇用が継続できない場合は、次の職が見つかるまで宿舎を貸していただくことなど、いろいろお願いした」と説明した。

また「トヨタ以外の自動車産業、また別の産業、地域もある。県内の企業誘致での雇用確保や、政府の打ち出している対策の活用を含め、企業を回りたい」と、今後も要請活動を継続する考えを示した。

 愛知県は、今年一―十月の十カ月間に、沖縄労働局の紹介で県外へ一時的に就職した出稼ぎ労働者四千二百八十三人の就職先の六割を占める。

沖縄県によると、トヨタ本体には期間従業員約百七十人が在籍しているという。

 十九日は刈谷市のデンソー本社を訪ねる。仲田秀光観光商工部長が同行している。


スポンサーサイト



<< 「内発的発展」とは何か | ホーム | 北部振興事業による琉球内の対立 >>


コメント

はじめまして!
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね~^^
応援ポチポチ! それでは失礼します^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP