FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「内発的発展」とは何か

私が早稲田大学の学生であったころから、現在までお世話になっている川勝平太先生より、『「内発的発展」とは何か』藤原書店を送っていただきました。心よりお礼申し上げます。

同書は川勝先生と鶴見和子先生との対談を中心として本であり、島の内発的発展について学ぶ私としては大変、示唆に富む内容でした。

鶴見先生との学生のころに西川先生の授業で公演をされた際にお会いし、他の学生といっしょに、
アイヌ料理「レラチセ」で食事をしたことがあります。

同書において、内発的発展論がさらに深められ、自らの生が内発的発展が一体化している様を鶴見先生の晩年から知ることができます。

本書の構成は次の通りです。






詩学(ポエティカ)と科学(サイセンス)の統合。
「私は、詩学(ポエティカ)のない学問はつまらないと思ってるの。私の基礎というのは、やっぱり歌のなかにある。」(鶴見和子)

「日本の学問は、形式倫理学的な構築物だけでなくて、そこに美学ないし詩学が統合されたものになるだろう。」(川勝平太)


まえがき 川勝平太
内発的発展論の可能性 川勝平太

第一場 方法としての類推
 相対化する視点
 個体発生と系統発生

 方法としての類推
 今西錦司のカゲロウと南方熊楠の粘菌
 自己を発展させる学問としての内発的発展論

 人間は棲みわけを破壊し得る
 「変化する形」の論理
 全体と部分の関係

 萃点は移動する

第二場 地域から地球へ
 地域の内発的発展
 地球の中の地域として

 開かれた地域学を
 同時多発的に独立発生する内発性
 論理学の問題

 辺境からの創造

第三場 新しい学問に向けて
 インターディシプリナリーという方法
 美学の総合を

 極限状況の中から
 学問の環境を生かす

第四場 萃点の時空
 曼荼羅について
 萃点は遍在する

 宇宙の中の自己
 ワタを萃点として歴史を語る
 必然と偶然

 主体的自己運動が進化を
 生きているものにとって空間・時間は従属変数である
 一即多、多即一となる

第五場 創造の秘密
 創造するとは
 宮沢賢治の世界

 自分の言葉で書く
 だんだん現れてくる芽を見落とさない

第六場 生かし生かされる
 生かすということ
 主客未分の考え方

 自由と道徳の問題
 ウグイスの死に学ぶ

第七場 萃点としての人々
 スピノザなど
 佐佐木幸綱さんのこと

 おばあさん仮説と母系
 南方熊楠とプリゴジン
 萃点としての編集者

志をつぐ――対談を終えて 川勝平太


スポンサーサイト



<< 滋賀沖縄県人会・沖縄館でのフィールドワーク | ホーム | 琉球人季節労働者の解雇問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP