FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

滋賀沖縄県人会・沖縄館でのフィールドワーク

昨日は、龍谷大学経済学部の私のゼミナール生9人と、滋賀県湖南市甲西にある沖縄県人会・沖縄県人会、沖縄館に行き、高間さんからいろいろなお話を聞かせていただきました。

久米島生まれの高間さんが、集団就職でヤマトで働いた時の差別体験などの生い立ち、基地経済の問題性、琉球人と日本人との関係性‥、心が揺さぶられるお話でした。

特に現在、「派遣切り」といわれるように、派遣労働者の解雇問題が深刻になっていますが、滋賀県にも自動車、運送、電気製品など多くの工場で琉球人の季節労働者が働いておりますが、派遣切りの対象になっており、沖縄館が「駆け込み寺」としての役割を果たしているそうです。
また県人会は平和運動、三線教室、文化運動なども行っています。

具体的に琉球人がどのように工場によって「捨てられていくのか」をお聞きしました。現在でも琉球人差別が厳然として行われています。「琉球人保証人お断り」「トイレの琉球人差別落書き」もあります。

早稲田大学で人類館が演劇として再演されましたが、琉球人差別は過去のことではなく、今現在の問題であることがわかりました。

「派遣切り問題」について、沖縄県の大阪事務所の方から高間さんに実情の問い合わせがあったそうですが、話を聞いたあと「がんばってください」とだけ言ったそうです。行政はこの問題にたいして実質的には何もせずに、高間さんにすべてを任せようとしています。

沖縄県知事は愛知のトヨタに行って派遣労働者の解雇をしないように要請したようですが、解雇された労働者に対して具体的にどのような支援を行うのでしょうか。

学生たちも熱心に聞き入り、質問をしていました。社会の実情を知ることができたのではないかと思います。

お話を聞いたあと、沖縄館で琉球特産物を買いました。また高間さんから映画「月桃の花」の本、サーターアンダギー、ブルーシールアイスクリームの飴玉などを学生全員にいただきました。

沖縄館でのインタビューのあと、場所を南草津の琉球料理店にうつして食事会をしました。学生たちも
おいしそうに料理を食べていました。高間さんともお話の続きをして楽しく過ごしました。

高間さんには大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。

スポンサーサイト



<< あじまー通信 第2号が届きました | ホーム | 「内発的発展」とは何か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP