FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西表島で20年ぶりにバシマム大会が開催される

12月22日の八重山毎日新聞にて20年ぶりに島言葉大会が復活したことが報じられていますので、お伝えします。祖納の方々には先月のゆいまーるの集いでは大変、お世話になりました。

金星さんは次から次へと自治の取り組みをされており、大変、刺激になります。島言葉の大会によって「学力向上」を図るのが、本当の琉球の教育と言えるのだと思います。





西表小中学校体育館で19日、「学力向上対策実践発表会」が行われ、大勢の父母や地域住民が参加した。

 この日は石垣金星地区学対委員長の提案で「バシマムニ大会」が約20年ぶりに復活。小学6年の宜間美咲さん、田原美月さん、中学2年の阿利彩さん、上亀智之君、真謝宗太朗君の5人が、自己紹介や趣味の話、歌などを方言で披露した。

普段は方言を使っていないため、祖父母や地域のお年寄りから教わり、練習を重ね、慣れない言葉にやや緊張しながらも一生懸命に発表。お年寄りは特にうれしそうな様子で聞いていた。

 続いて、老人会の前大用安さん、与那国美津子さんに石垣委員長がインタビュー。2人は昔の暮らしなどについてバシマムニで説明した。

 竹富島出身の與那国充子教諭と石垣昭子さんは、テードゥンムニ(竹富方言)で「ざんぬゆんぐとぅ」を身ぶり手ぶりを交えて熱弁し、会場は大爆笑。

 学校教育部会の報告では、中学校の庄山教務主任が平成20年度の具体的な取り組みや成果、課題を報告した。

 友利義明教務主任からは県PTA塩尻大会に向け、西表校の三大体験事業「紙すき・稲作・海」を中心に、地域との連携を盛り込んだ活動発表があった。

 竹富町教育委員会の前上里徹学校指導課長は、バシマムニ大会に出場した児童生徒の努力を褒めた後、「地域の人の参加が多くて驚いた。石垣委員長は学力向上対策の内容を大変よく理解している。西表校は特色ある学校なのでさらに生かしてほしい」と講評した。
スポンサーサイト



<< 奄美諸島の復帰饌年に/重要な近現代史の視点 | ホーム | あじまー通信 第2号が届きました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP