FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民際学研究コースのイベント(「フツーの仕事がしたい」)

2009年1月13日、龍谷大学の21号館603号室におきまして、土屋トカチさんの講演会と研究会を開催いたします。同イベントは龍谷大学大学院経済学研究科民際学研究コース主催となります。
入場は無料ですので、お時間がおありの方はお越し下さい。

土屋さんはドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」の監督です。また、龍谷大学法学部の卒業生でもあります。

現在、不況が深刻化するようになり、「派遣切り」といわれる状況が全国各地で報告されています。このような時期であるからこそ、この映画について考え、意見を交換したいと思っています。

全国各地で上映会が開かれているようですので、ぜひ、見て下さい。

映画のチラシには次のような文章が記載されています。



21世紀に甦る、リアル「蟹工船」。
皆倉信和さん(36歳)は、根っからの車好き。

高校卒業後、運送関係の仕事ばかりを転々とし、
現在はセメント輸送運転手として働いている。

しかし、月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き、
心体ともにボロボロな状態。 「会社が赤字だから」と賃金も一方的に下がった。

生活に限界を感じた皆倉さんは、藁にもすがる思いで、
ユニオン(労働組合)の扉を叩く。

ところが彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。
生き残るための闘いが、否が応でも始まった。

撮影・編集・監督・ナレーション:土屋トカチ
出演:皆倉信和

取材協力:全日本建設運輸連帯労働組合、皆倉タエ、皆倉光弘
ナレーション:申嘉美

音楽:マーガレットズロース「ここでうたえ」 (アルバム「DODODO」より オッフォンレコード)
制作:白浜台映像事務所/映像グループローポジション
配給・宣伝:フツーの仕事がしたいの普及がしたい会
宣伝協力:ポレポレ東中野

2008年/日本/DV/70分/カラー

「フツーの仕事がしたい」 ・・・
状況の差こそあれ、心のなかで

そうつぶやいたことのある人は多いだろう。

本作は、数値的にみれば明らかに「フツー」ではない
労働環境に身をおく主人公が、労働組合の力を借りて、
「フツーの仕事」を獲得する過程を描くドキュメンタリーである。

この主人公の労働状況は特別ひどいケースでありながらも、
どこを切っても、いまこの社会を生きる自分につながっていると思わせる。

彼の口から
「この業界では、フツーだと思っていた。」
「(運転は)好きなことだから仕方がない・・。」というような
言葉が飛び出すとき、観る者は彼の問題をぐっと身近に感じるはずである。

もし、あなたが毎日の暮らしに追われ、自分の労働環境について
立ち止まり考えたこともなかったとしたら・・・。

この映画体験は、おそらく自分がより良い状態で
働き生きるための大きなヒントになるかもしれない。
スポンサーサイト



<< 映画「ふつーの仕事がしたい」関連ブログ | ホーム | 奄美諸島の復帰饌年に/重要な近現代史の視点 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP