FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自給自足の実践

一昨日、京都府宮津市の山奥にある木子という集落に行ってきました。自宅から車で、若狭街道を通り、小浜、舞鶴、天橋立など通り、木子の「ペンション自給自足」に1泊しました。

通りながら、原子力発電所関連の施設が各地にあり、舞鶴には海上自衛隊の軍艦が数隻停泊していました。日本海は大変荒れており、太平洋、東シナ海とは少し違う雰囲気がありました。

一昨日は大変な雪で、若狭街道ではスタッドレスのタイヤが少し流れるなどのハプニングもありましたが、除雪車がきてくれたので、徐行をしながら目的地までいくことができました。雪の美しさとともに、生活上の困難さの一部を体感しました。

木子でも雪が50,60センチ積もっており、町中よりも大変雪が多かったです。

ペンション自給自足の経営者の方は20年前に大阪から農業をするために木子に移住し、現在はペンションをされています。一度は廃村になった地域ですが、都会からの移住者によってふたたび人が住むようになったそうです。有機農業をされている方々もおられ、宿の食事も手作りのお米、野菜、味噌、紫蘇ジュースなど、手作りのものばかりでした。

宿の方から村の歴史、自給自足の実践、行政やJAが進める農業の問題性、歴史のある村がどんどん消えていく現実の話を聞きました。

それとともに、「月に1万円」で生活できるほどに、地域の自然の恵みが豊かなこと、物々交換というもう一つの経済のあり方、人が自然の中で生きる力を有しているという可能性を学ぶこともできました。

宿のおじさんは自らの力で新しい小屋を作っていました。

琉球の島々でも少しの現金で豊かな生活をしている人々がおりますが、山間部においても自給自足の実践をされている方がいることに力を得ました。また行きたいと思います。
スポンサーサイト



<< 石垣島の移住ブームの終焉 | ホーム | 映画「ふつーの仕事がしたい」関連ブログ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP