FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グローバリズムと八重山諸島

グローバリズムと八重山諸島

八重山毎日新聞 2006年2月7日 松島泰勝

 世界の島嶼社会はグローバリズム、市場主義化に直面し、何らかの対応を迫られている。

 沖縄にとってもグローバリズムは他人事ではない。日本政府の財政事情が厳しくなり、沖縄に対しても、これまでのような規模の補助金は投下されないだろう。

その代わりに求められるのが、沖縄のさらなる市場主義化や保護政策の撤廃であり、沖縄経済の競争力を強化するための構造改革である。

国際金融センター、大学院大学、大規模観光施設はグローバリズムの拠点になる。

島の外から大企業、国際的に通用する人材を呼び込み、世界最高水準の研究を行い、沖縄の市場主義化を完成させ、失業の解消、自立経済を達成することが今後の目標になろう。

 グローバリズムとは言葉を変えると、アメリカン・スタンダード(米国標準)の世界化である。いまアメリカ流の経済手法、文化様式、世界戦略が世界を覆いつつある。

米軍基地がある沖縄はすでに軍事面においてグローバリズムの洗礼を受けてきた。基地を通じてアメリカ文化も沖縄の生活に入ってきた。

今世紀は、経済面におけるアメリカン・スタンダードが沖縄を支配する時代になるのだろうか。

しかしグローバリズムにより沖縄の失業問題、経済問題が解決する保障はない。

アメリカ社会をみればわかるように、熾烈な経済競争により、人々は時間に追われ、ストレスが増え、貧富の格差が広がり、貧困問題が深刻化する恐れがある。

沖縄が無防備に外に開放され、競争原理が導入され、外部企業、外国人、本土出身者がさらに増加する中で、地元企業が生き残り、地元民が働くことが困難な状況に陥ろうとしている。

むしろ、沖縄の住民が経済発展の主導権を握るような、政治的、経済的、文化的な仕組みを作り上げる必要がある。

沖縄はパラオのような独立国ではないが、島々の多様な文化や生活形態に基づいた地域主義を強化すべきであろう。

グローバリズムに直面する沖縄は、あらためて「本当の豊かさ」を問う必要がある。復帰後、短期的な経済効果を求めて珊瑚礁を埋め立て、島の形を変えてきた。

しかし、島嶼や珊瑚礁は沖縄独自の生態系であり、そこで人は自然と親しみ、神に祈り、芸能・工芸を生み出してきた。貨幣では計れない豊かさ、生活の充実があった。

時間に追われるような生活空間を沖縄に作り出すことは、沖縄の人々にとって本当に幸せなことであろうか。

グローバリズムの波にのって大量生産、大量消費、「大量観光客」を目指すのではなく、地域の生態系を活かす産業、地産地消活動、エコツーリズム、伝統工芸等、住民参加型の内発的発展を確立することで「本当の豊かさ」を維持、発展することが可能になろう。
スポンサーサイト



<< 八重山諸島と太平洋諸島との関係 | ホーム | アイヌ文化交流会in南城市 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP