FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

八重山諸島と太平洋諸島との関係

八重山諸島と太平洋諸島との関係

八重山毎日新聞 2006年2月8日 松島泰勝


太平洋の島々と沖縄には多くの共通点がある。

たとえば、島嶼性、気候・風土・動植物、ユイマール社会、のんびりした雰囲気、海上他界信仰、大国支配の歴史、沖縄人の南洋群島への移住、地上戦の経験と住民の犠牲、援助金依存、戦後の米軍統治や、基地と援助金との交換関係(ミクロネシア諸島)、観光業の急速な成長、環境問題等である。

違いは、パプアニューギニアを除いた太平洋の島々が沖縄よりも人口が少ないにもかかわらず、独立の道を選んだことである。パラオの人口は石垣市よりも少ない約2万人である。


太平洋の島々は沖縄を必要としている。

沖縄が蓄積しているフィラリア・マラリア予防方法、ウリミバエ等の害虫駆除技術、ゴミの分別処理法、島産物の多角的な生産や販売のノウハウ等は、太平洋の人々の健康を改善し、内発的な経済活動を活発にするうえで大きな役割を果たすだろう。

2003年に沖縄で島サミット(日本政府が主催する、太平洋諸国14カ国、豪州・ニュージーランド・日本の各首相による国際会議)が開催された。

島サミットでは島が抱える諸問題やその解決方法について話し合いが行われる。

サミットに参加した島嶼首脳から、太平洋諸国と沖縄との気候・植生・習慣・風土等の類似性が指摘され、沖縄が日本と太平洋諸国を結ぶ地域としてふさわしいとの評価が多くでた。

島嶼として沖縄も太平洋諸国と共通の問題を抱え、それらを解決しながら経済自立への道を歩んできたのであり、島嶼国の今後の発展過程においても沖縄の経験が参考になるとの声もあった。

島嶼国側の強い要望により、2006年の島サミットも沖縄で開催されることが決まった。

特にパラオは石垣島に期待している。2003年に開催された「島サミット」において、パラオのレメンゲソウ大統領は石垣島を訪問し、島の地場産業の発展に目を見張り、パラオに対する経済協力を希望した。

与那国島出身でパラオにおいて活躍しているのが入慶田本常夫さんである。ドラゴン亭という琉球料理店と、鉄板焼き店を経営している。

私がパラオに住んでいたころよく足を運んだ。ドラゴン亭は地元民や観光客に人気のある店であり、琉球音楽が流れ、琉球料理やオリジナル料理も美味しい。

入慶田本さんは、フィリピン人やパラオ人を30人近く雇い、朝の仕入れから、料理作り、お客の接待まで忙しく働いている。

このように八重山諸島は太平洋諸島から期待され、人的な交流もみられる。

島同士がユイマールを通して、それぞれの島が抱えている問題や、島の可能性を学び合い、支えあう、国境を越えた島々の連合の実現が求められている。

経済成長を基準にするのではなく、「本当の豊かさ」、「島同士のユイマール」に基づいて八重山諸島の国際化を考えることで、島の規模に応じた持続可能な発展が可能になると考える。
スポンサーサイト



<< 21世紀世界における戦争と平和(平和学) | ホーム | グローバリズムと八重山諸島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP