FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「フツーの仕事をしたい」をみて

昨日、土屋トカチさんを龍谷大学に招いた講演会、映画上映会を民際学研究会主催で、松浦先生の授業とタイアップして行いました。

土屋監督は学生時代、新聞奨学生を4年間行っており、被差別部落地域において配達、集金活動をしており、社会のことを考えさせられたという、原点をもっています。

自らが働いていた映像制作会社から解雇をいいわたされ、会社と闘ってきた経験ももちます。

映画では月500時間以上働かされているトラック運転手を生きざまを通じて、現代社会のおぞましさが
あらわれています。自分さえいい、自分さえ儲かればいいという、自己中心的な考えや活動は結局、自分に跳ね返ってくる。

派遣切りが他人事ではなくなった現在ですが、会場にきていた学生からも熱心な質問が相次ぎました。

学生時代に、「ゆきゆきて神軍」をみたことがありますが、その時の、事実が訴える衝撃が、この
「フツーの仕事をしたい」からも受けました。

「フツーの仕事」とはないか、働くとはなにか、人と人とが分断されるなかで人と人とがつながる可能性の大きさなどについて、考えさせられた映画です。また、映像が資本の暴力に対する武器になるということも示しています。

講演・上映会後、土屋さんを囲んで交流会をして、自らの周りで起こっていることにたいして、真正面に向きあいながら、怒りながら、自分の道を歩んでいる、真摯な姿を身近に感じることができました。

滋賀県でも琉球人の派遣社会、季節労働者が苦しんでいます。琉球内でも、コールセンター、観光業関連企業、サービス産業等において、派遣、パート、アルバイトの人が苦しんでいます。

ひとりで苦しむのではなく、仲間ととつながれば状況が打破されるという希望もこの映画は示してくれます。


多くの方に見てもらいたい映画だと思います。

スポンサーサイト



<< 与那国島測候所廃止への反対 | ホーム | 沖縄道州制案の問題性 >>


コメント

先生、土屋トカチさんの映画について、私は4げんの時に行きました。実は、私はみんなの話があまりわからないですが、土屋監督の大学時代四年間アルバイトについて、分かりました。私が言いたいことは毎日、アルバイトしている留学生です。中国からの留学生は生活費、学費のために、一週間5、6回ぐらいアルバイトしなければならないです。苦しさは普通の日本人がわからないかもしれないと思います。一日の眠る時間が少ない。

Re: タイトルなし

白さん

コメントありがとうございました。また土屋さんの映画を見に行って下さり、ありがとうございました。生活、学費のためにアルバイトをすることは、留学生にとっても、大変な負担であると思います。
土屋さんは4年間、新聞奨学生をしており、その中で、社会の仕組みを学び、それが現在のお仕事につながっていると思います。
白さんもアルバイト、大変だと思いますが、その中から日本の経済、社会の仕組みを学んでください。また、あまり無理をしないように、健康が大切ですから。

                                   松島泰勝

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP