FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西表島船浮開発反対

沖縄タイムスの2008年11月3日付論壇に警視された松島寛のコラムを以下に転載いたします。

父は、このコラムを昨年西表島祖納で行われた、ゆいまーるの集でも参加者に配布し、自らの主張を述べました。





「沖縄ブーム」にのって、今県内各地は、土地買収やリゾート開発が大変な勢いである。

石垣島では、観光・移住ブームによる開発や建設ラッシュに端を発した「建築物の形状」と「島の景観」をめぐるリゾートマンション建築確認差し止め訴訟、沖縄本島北部・本部町では、事業者の資金難で大量の解雇者を出した瀬底ビーチリゾートホテル、また竹富島では、公民館(住民)の同意を得ないまま、島の東部に別荘型リゾート施設の県絵sつ計画を進める動きがあるなど、開発をめぐる新たな問題が起きている。

この最中、西表島東部の豊原に続いて西部の船浮でも土地の大部分が、本土企業に買収され、またも大規模観光開発が予想される動きがある。

西表島西部奥地の船浮は、いまだに手つかずの自然が数多く残る島の中でも、交通手段は船のみで「人の住む最後の秘境」などと呼ばれてきた。

この船浮の住民(25世帯42人)に最近、土地の買い占めが発覚、“突如襲った開発の津波”に動揺している。

ところで、大規模開発で西表島は発展するのだろうか。観光収入の多くは本土へ還流し、県(島)内で循環しない「ザル経済」が指摘される中、果たして地元にメリットはあるのか。

日本復帰のころ、西表西部の宇奈利埼で本土企業が「太陽の村」と称するリゾートを建設したが、経営破たんし施設の残骸を放置して撤退した。

また、数年前、島西部の浦内川下流域に、今回船浮の土地を買い占めた同じ企業が、大型リゾートを建設した。当初期待されたような経済効果はなく、地元の雇用効果も少ない。

53年前昔、私が西表島測候所(在、祖納)に勤務したころは、自然界の生態系が島を覆い尽くし、緑滴る山々・のどかな景観は、自然の美を感じさせ、島全体が「自然の宝庫」であった。それが今、“開発の嵐”が襲い、隔世の感がある。

西表島の大規模開発は、西表島だけの問題ではなく、沖縄全体の経済開発のあり方をも問うている。今後の成り行きに注目したい。

今回の広範な土地買収に絡んだ開発問題に直面した船浮には、島の将来を外部資本にゆだねるのか、住民の自治によって島を守り、自らの手で未来を切り開くのかが強く問われている。

西表島の最大の魅力は「大自然」である。自然と文化遺産をしっかり守りながら、人間と動物と自然が共存できるような「観光開発のあり方」を、地域住民主導で、行政・事業者・専門家・有識者・観光客を巻き込み真剣に、議論を深めていくことが、島の発展につながるのではないだろうか。

スポンサーサイト



<< 新奄美群島振興開発特別措置法の延長 | ホーム | 与那国島測候所廃止への反対 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP