FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島田懇談会事業の問題性

1月16日の八重山毎日新聞におきまして、石垣島に設置された島田懇談会事業と呼ばれる、米軍基地関連で実施された振興開発事業施設の運営が問題化しているとの、報道がありましたのでお伝えします。あわせて、2007年1月31日の同施設の解説記事も参考にして下さい。

沖縄県の他の島田懇談会事業においても、市町村の活性化につながらない事業がかなりみられます。一時的には建設需要がありますが、運営管理費はその後、各市町村にとって大きな負担になつてきます。



2007年1月31日
観光産業など地域産業発展の拠点施設として位置づけられている、観光情報流通センター「とぅもーるネットセンター石垣」(TNC)は30日、開所式を行い、31日から一般への利用が始まることになった。

石垣市が沖縄米軍基地所在市町村活性化特別事業(島田懇事業)を導入して整備した。総事業費は5億421万円(国庫補助額4億5379万円)。

式典であいさつした大浜市長は「観光客に満足した観光情報を提供するためには情報を一元的に収集・発信できる施設の整備が切に望まれていたところ。センターを離島桟橋のシンボルとして、観光情報を発信したい」と述べた。

 関係者による火入れセレモニーのあと、横10メートル縦3メートルの大型ハイビジョンシアターに八重山の自然や祭りの様子が映し出された。

 センターを運営する石垣市経済振興公社の大原正啓社長(石垣市商工会長)は「設備をみてIT(情報技術)の最先端の施設が完成したと喜んでいる。これを有効活用し、地元の市民はもちろん観光客にも利用してもらいたい」と期待を寄せた。

センターにはハイビジョンシアターのほか、電子図鑑システム、インフォメーションシステム、観光情報システム、インターネットコーナーが完備されている。開館時間は午前9時から午後6時まで。入館料は一般300円。中高生・高齢者・団体250円。



2009年1月16日

石垣市が整備した観光情報センター「とぅもーるネットセンター石垣」(TNC)の管理運営について、市は15日、指定管理者制度検討委員会(委員長・黒島健副市長、委員12人)を開き、指定管理者の市経済振興公社(社長・大原正啓市商工会長)から提出された事業改善計画を認めた。

これにより、公社が引き続き管理運営を行うことが決まった。改善計画のポイントは入館料の無料化だが、市側は2-10月までの一定期間とすることで了承した。公社は無料化することで利用者増を図り、広告などの収入につなげていく考えだ。

TNCの指定管理をめぐる問題は昨年6月に惹起(じゃっき)。公社が2007年度決算で634万円の赤字を計上したことから、「(市からの)管理費のない指定管理は不可能」として指定管理の返還方針を総会で確認、8月に文書で申し入れていた。

市はこれまで6回の検討委で対応を協議した結果、財政支援を約束する一方、公社側には改善計画の提出を求めていた。

この日提出された改善計画は、入館料(現行300円)を無料化やインターネット利用を1時間200円とすることで利用者を増やし、他の事業の展開につなげていく内容。

 検討委では、無料とするためには条例改正が必要になるとして「条例を改正するには根拠がなければならない」「他の公共施設に波及する」などと慎重な意見が相次ぎ、当面は条例を改正せず協定書の範囲で可能な一定期間の全額免除とすることで意見の一致をみた。その間の入館者の動向をみた上で、条例改正が必要かどうか判断し、次年度の取り組みにつなげる方針だ。

 一方、市は新年度から光熱水費、通信費の経費を負担することにしている。
スポンサーサイト



<< 不況による観光業の落ち込み | ホーム | 新奄美群島振興開発特別措置法の延長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP