FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄島に行ってきました

ブログの更新が1週間できませんでした。家庭の事情等で沖縄島の実家におりました。
自宅のある滋賀では、雪が降り、つもり、気温も低い生活をしていましたが、
沖縄でも冬とはいうものの、暖かい日々を送ることができました。

旧正月を迎えていた琉球の街を歩くと、正月用の総菜などが売られ、正月当日は、店を休む商店も多かったです。また各地の御嶽では、祈りをしている女性の姿をテレビでみました。旧正月というアジア世界と共通した時間の中で琉球人が生きているのです。

新聞、テレビのマスコミでは観光客の激減のニュースが流れていました。昨日、那覇空港で飛行機を待っていると、大阪から着た修学旅行生が私の後ろの方で、「伊江島は良かったけれど、本島は食べ物と土産しかなかったな」と言っていました。

那覇の国際通りも歩きましたが、これでもかというくらい、各種の土産物があふれかえり、また、これでもかというくらい、飲食店があふれかえっていました。学生の目に「沖縄の」モノが際限なく、飛び込んできたのでしょう。

また、各店から「沖縄の」伝統音楽、現代的メロディー、爆音が際限なく、次から次へと耳に飛び込んできました。国際通りを、てんぷすから、パレットまで歩きましたら、大変な疲労感を覚えました。本通りから、脇道に入るとかつての風景もあり、静かな空間となり、心が落ち着きました。

また、おもろまちも歩きました。高層ビル、マンション、パチンコ店、スーパー、博物館・美術館、官庁施設が雑然と居並び、調和のとれない、軸がない、浮遊した空間を歩いているような気持になりました。

長時間、車の排気ガスを吸い、音やモノの自己主張にさらされ、浮遊した開発の現場を、長時間、歩いてきました。私は車の免許を持っておらず、歩く機会がおおいのですが、自らの感覚、思いによって自由自在に四方八方どこにでも行くことができます。時には、立ち止まり、考え、写真をとることもできます。

昨年は、謝花昇、生誕100周年でした。時間ができたので、現在、沖縄タイムス南部総支局で働いている、与那嶺功記者のところに行き、謝花にかかわる、生家、銅像、博物館で謝花について考える機会を得ることができました。

自らの身体をかけてヤマトと闘った謝花がやったことは、現代においてもわれわれが学ぶべきことが多くあると思います。与那嶺記者もそう力説していました。私はとくに、コモンズ論、土地と暴力論において謝花の実践が、現代にいかせると、いま考えて、改めて謝花の本を読んでいます。


今回は、那覇、沖縄島南部を中心に活動しましたが、後日またご報告します。


スポンサーサイト



<< 琉球観光の危機 | ホーム | 龍谷大学大学院民際学研究コース入学試験のご案内 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


沖縄市

【2008新米】 長野県20年産ミルキークィーン10キロ(玄米・白米・無洗米)無料対応(後払い・代金引換・送料)無料   (配送会社がお選びいただけます)■西濃運輸は【送料無料】■ヤマト運輸は追加料金が発生します商品価格:4,980円レビュー平均:4.71 14,000個突破!...


 BLOG TOP