FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

しまくとぅば新聞の発刊

1月29日の沖縄タイムスに、しまくぅば新聞が発刊されたとの記事が掲載されていましたので、ご報告します。
しまくとぅばでのラジオ放送番組、しまくとぅばで沖縄戦を記録する活動など、日本語ではなく、島の言葉で語り、記録し、記憶を残す活動が活発になっています。

どんどん、島の言葉が琉球中に広まればと思います。しまくとぅばが島の自治の土台です。
私が小学校3年の時に、「復帰」しましたが、その際、教員により「方言札」が生徒の首に掛けさせられ、自らの言葉を自らの手で撲滅させようとしたこともあります。戦前にも同様なことがありました。それでも島のことばが根強く生きてきたことに、島の可能性を見ることができると思います。




県うちなぁぐち会(久高将輝会長)はこのほど、「しまくとぅば新聞」を創刊した。これまでも会の年間活動記録をまとめた冊子「ゆんたくひんたく」を出している。

久高会長は、冊子編集長の桑江テル子さんとともに「しまくとぅばが定着するきっかけになれば」と期待している。

 新聞は、季刊発刊でB4判四ページ。年四回の発刊で五百部刷る予定。第一号で、久高会長が創刊の意義を記している。

 漢字にはふり仮名が付けられ、沖縄風の読み方で表記し、若い世代にも理解できるよう工夫してある。

 琉歌やわらべうた、歌碑めぐりなどの解説も盛り込まれている。

 東京在住で沖縄語研究家の船津好明さんも同会の活動を高く評価。新聞創刊号への寄稿で、同氏が考案した「沖縄文字一覧」の参考例も掲載している。

 新聞編集長の與儀清子さんは「しまくとぅばは沖縄文化の誇り。次世代にしっかり伝えたい」と話している。

 「ゆんたくひんたく」は、随筆や意見、紀行、地域の民話、年中行事などが盛り込まれている。多岐多種の内容は、会員のしまくとぅばへの熱い思いを伝える。

 昨年まで十五号を出してきた。毎年九月十八日の「しまくとぅばの日」に発刊している。十五号からは数人の会員が、しまくとぅばで投稿しているのが特徴。

 桑江さんは「しまくとぅばは沖縄の歴史、文化をすべて包んでいる。地域ではしまくとぅばの日の認識が薄いのではないか」とした上で、「しまくとぅばが定着するよう活動の幅を広げていく」と語った。

 同会は会員を募っている。年会費二千円。連絡先は久高さん、電話098(937)5990。
スポンサーサイト



<< ワークショップ「琉球を語る集い」への呼びかけ | ホーム | 琉球観光の危機 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP