FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自決権確立へ活動展開/薩摩支配400年琉球処分130年/「問う会」結成集会

1月31日の沖縄タイムス夕刊に、自決権確立へ活動展開/薩摩支配400年琉球処分130年/「問う会」結成集会と題する記事が掲載されていましたので、お伝えします。

前利さんも同集会で、講演されています。今年5月に沖永良部島で開く予定のゆいまーるの集いでも、奄美大島、沖永良部、沖縄島、鹿児島側から歴史家、文化人類学者をまねき、400年を考えるシンポジウムが行われる予定です。同シンポジウムは、前利さんが企画し、和泊町役場主催として実施されます。またパネラーと、集いの参加者との意見交換も行う予定です。




 「薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分130年を問う会」の結成集会が三十日、那覇市の教育福祉会館であり、約二百人の関係者が参加。

琉球・沖縄の近現代の歴史を踏まえながら、沖縄社会の自決権を確立するための活動を展開することを確認した。

 同会は参加者が一部修正した会の規約案、活動計画案などを承認。今後、国連や日本国への要請行動のほか、県内各地での講演会の開催、薩摩侵攻や琉球処分で亡くなった人々の慰霊祭、戦跡フィールドワークの実施などの活動を継続して行う方針。

 記念講演で彫刻家の金城実さんが「沖縄の人々はこれまでもことあるごとに大衆決起した。『問う会』を発足させることで、これから沖縄の自決権を確立させるための入り口にしたい」と強調。

また奄美からの報告では知名町職員の前利潔さんが「奄美の日本への復帰運動で薩摩支配や琉球処分は肯定的にとらえられたが、いまだ総括的な議論はない。四百年を契機に歴史を問い直したい」と話した。

スポンサーサイト



<< 雇用不安問題 | ホーム | ワークショップ「琉球を語る集い」への呼びかけ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP