FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 1

福岡にお住まいの手 島 武 雅さんから、貴重なメールを頂戴いたしました。以前、このブログで「先住民族の権利に関する国連宣言」を掲載いたしましたが、それは人権小委員会の草案訳であり、最終版はNGOの市民外交センターで翻訳したものがあるとのご指摘でした。ご指摘感謝いたします。

手島さんには私が学生のころ、ともにジュネーブの国連欧州本部において開催された先住民族作業部会に参加し、それ以後も、いろいろと先住民族、アイヌ民族、琉球人の自決権等について国際法の観点から教えてもらっています。


また、手島さんから「『先住民族の権利に関する国連宣言』を読む――原則と争点――(前文編)」
非公開草稿という、貴重な原稿も送って下さいました。勉強して、琉球人にとって同宣言をどのように使えるかを考えてみたいと思います。

同宣言の最終版翻訳を何回かにわたり次に掲載します。




先住民族1の権利に関する国際連合宣言(仮訳)
国連総会第61 会期 2007 年9 月13 日採択
(国連文書A/RES/61/295 付属文書)

【前文第1 段落】
総会は、国際連合憲章の目的および原則、ならびに憲章に従い国家が負ってい
る義務の履行における信義誠実に導かれ、

【前文第2 段落】
すべての民族が異なることへの権利、自らを異なると考える権利、および異な
る者として尊重される権利を有することを承認するとともに、先住民族が他の
すべての民族と平等であることを確認し、

【前文第3 段落】
すべての民族が、人類の共同遺産を成す文明および文化の多様性ならびに豊か
さに貢献することもまた確認し、

【前文第4 段落】
国民的出自または人種的、宗教的、民族的ならびに文化的な差異を根拠として

1 原語の“Indigenous Peoples”は、国連憲章、市民的及び政治的権利に関する国際規約および経
済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の共通第1 条において自己決定権を有する人民
の意で使用されている。

民族または個人の優越を基盤としたり、主唱するすべての教義、政策、慣行は、
人種差別主義であり、科学的に誤りであり、法的に無効であり、道義的に非難
すべきであり、社会的に不正であることをさらに確認し、

【前文第5 段落】
先住民族は、自らの権利の行使において、いかなる種類の差別からも自由であ
るべきことをまた再確認し、

【前文第6 段落】
先住民族は、とりわけ、自らの植民地化とその土地2、領域3および資源の奪取の
結果、歴史的な不正義によって苦しみ、したがって特に、自身のニーズ(必要
性)と利益に従った発展に対する自らの権利を彼/女らが行使することを妨げ
られてきたことを懸念し、

【前文第7 段落】
先住民族の政治的、経済的および社会的構造と、自らの文化、精神的伝統、歴
史および哲学に由来するその生得の権利、特に土地、領域および資源に対する
自らの権利を尊重し促進させる緊急の必要性を認識し、

【前文第8 段落】
条約や協定、その他の国家との建設的取決めで認められた先住民族の権利を尊
重し促進する緊急の必要性をさらに認識し、

2 個人の所有と取引の対象となる近代的土地所有権とは異なり、そこに住む民族と精神的なつな
がりを持ち、分かつことのできない結びつきを持った大地を指す概念。

3 先住民族の生活空間全般を指し、土地、海域、水域およびその上空を含む広範な空間概念。
スポンサーサイト



<< 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 2 | ホーム | 雇用不安問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP