FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 2

市民外交センター訳の先住民族の権利に関する国連宣言の最終版の続きです。




【前文第9 段落】
先住民族が、政治的、経済的、社会的および文化的向上のために、そしてあら
ゆる形態の差別と抑圧に、それが起こる至る所で終止符を打つために、自らを
組織しつつあるという事実を歓迎し、

【前文第10 段落】
先住民族とその土地、領域および資源に影響を及ぼす開発に対する先住民族に
よる統制は、彼/ 女らが、

自らの制度、文化および伝統を維持しかつ強化する
こと、そして自らの願望とニーズ(必要性)に従った発展を促進することを可
能にすると確信し、

【前文第11 段落】
先住民族の知識、文化および伝統的慣行の尊重は、持続可能で衡平な発展と環
境の適切な管理に寄与することもまた認識し、

【前文第12 段落】
先住民族の土地および領域の非軍事化の、世界の諸国と諸民族の間の平和、経
済的・社会的進歩と発展、理解、そして友好関係に対する貢献を強調し、

【前文第13 段落】
先住民族の家族と共同体が、子どもの権利と両立させつつ、自らの子どもの養
育、訓練、教育および福利について共同の責任を有する権利を特に認識し、

【前文第14 段落】
国家と先住民族との間の条約、協定および建設的な取決めによって認められて
いる権利は、状況によって、国際的な関心と利益、責任、性質の問題であるこ
とを考慮し、

【前文第15 段落】
条約や協定、その他の建設的な取決め、ならびにそれらが示す関係は、先住民
族と国家の間のより強固なパートナーシップ(対等な立場に基づく協働関係)
の基礎であることもまた考慮し、

【前文第16 段落】
国際連合憲章、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約、そして市民
的及び政治的権利に関する国際規約、ならびにウィーン宣言および行動計画が、

すべての民族の自己決定の権利ならびにその権利に基づき、彼/女らが自らの
政治的地位を自由に決定し、自らの経済的、社会的および文化的発展を自由に
追求することの基本的な重要性を確認していることを是認し、

【前文第17 段落】
本宣言中のいかなる規定も、どの民族に対しても、国際法に従って行使される
ところの、その自己決定の権利を否認するために利用されてはならないことを
心に銘記し、

【前文第18 段落】
本宣言で先住民族の権利を承認することが、正義と民主主義、人権の尊重、非
差別と信義誠実の原則に基づき、国家と先住民族の間の調和的および協力的な
関係の向上につながることを確信し、

【前文第19 段落】
国家に対し、先住民族に適用される国際法文書の下での、特に人権に関連する
文書に関するすべての義務を、関係する民族との協議と協力に従って、遵守し
かつ効果的に履行することを奨励し、

【前文第20 段落】
国際連合が先住民族の権利の促進と保護において演じるべき重要かつ継続する
役割を有することを強調し、

【前文第21 段落】
本宣言が、先住民族の権利と自由の承認、促進および保護への、そしてこの分
野における国際連合システムの関連する活動を展開するにあたっての、更なる
重要な一歩前進であることを信じ、

【前文第22 段落】
先住民族である個人は、差別なしに、国際法で認められたすべての人権に対す
る権利を有すること、およびその民族としての存立や福祉、統合的発展にとっ
て欠かすことのできない集団としての権利を保有していることを認識かつ再確
認し、

【前文第23 段落】
先住民族の状況が、地域や国によって異なること、ならびに国および地域的な
特性の重要性と、多様な歴史的および文化的背景が考慮されるべきであること
もまた認識し、
スポンサーサイト



<< 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 3 | ホーム | 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP