FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 3

現在、琉球に来ています。家庭の仕事・行事、調査研究をしています。そして今週の日曜日には、琉球について各自が考えることを自由に議論する勉強会をします。




【前文第24 段落】
以下の、先住民族の権利に関する国際連合宣言を、パートナーシップ(対等な
立場に基づく協働関係)と相互尊重の精神の下で、達成を目指すべき基準とし
て厳粛に宣言する。

第1 条 【集団および個人としての人権の享有】

先住民族は、集団または個人として、国際連合憲章、世界人権宣言および国
際人権法に認められたすべての人権と基本的自由の十分な享受に対する権利を
有する。

第2 条 【平等の原則、差別からの自由】

先住民族および個人は、自由であり、かつ他のすべての民族および個人と平
等であり、さらに、自らの権利の行使において、いかなる種類の差別からも、

特にその先住民族としての出自あるいはアイデンティティ(帰属意識)に基づ
く差別からも自由である権利を有する。

第3 条 【自己決定権】

先住民族は、自己決定の権利を有する。この権利に基づき、先住民族は、自ら
の政治的地位を自由に決定し、ならびにその経済的、社会的および文化的発展
を自由に追求する。

第4 条 【自治の権利】

先住民族は、その自己決定権の行使において、このような自治機能の財源を確
保するための方法と手段を含めて、自らの内部的および地方的問題に関連する
事柄における自律あるいは自治に対する権利を有する。

第5 条 【国政への参加と独自な制度の維持】

先住民族は、国家の政治的、経済的、社会的および文化的生活に、彼/女らが
そう選択すれば、完全に参加する権利を保持する一方、自らの独自の政治的、
法的、経済的、社会的および文化的制度を維持しかつ強化する権利を有する。

第6 条 【国籍に対する権利】

すべての先住民族である個人は、国籍/民族籍に対する権利を有する。

第7 条 【生命、身体の自由と安全】

1. 先住民族である個人は、生命、身体および精神的一体性、自由ならびに安
全に対する権利を有する。

2. 先住民族は、独自の民族として自由、平和および安全のうちに生活する集団
的権利を有し、 集団からの別の集団への子どもの強制的引き離しを含む、
ジェノサイド(特定の集団を対象とした大量虐殺)行為または他のあらゆる暴力行
為にさらされてはならない。

第8 条 【同化を強制されない権利】

1. 先住民族およびその個人は、強制的な同化または文化の破壊にさらされない
権利を有する。

4 原語の “integrity”は、「人間が一体の存在として損なわれていないこと」の意。

2. 国家は以下の行為について防止し、是正するための効果的な措置をとる:

(a) 独自の民族としての自らの一体性、その文化的価値観あるいは民族的アイ
デンティティ(帰属意識)を剥奪する目的または効果をもつあらゆる行為。

(b) 彼/女らからその土地、領域または資源を収奪する目的または効果をもつ
あらゆる行為。

(c)彼/女らの権利を侵害したり損なう目的または効果をもつあらゆる形態の
強制的な住民移転。

(d) あらゆる形態の強制的な同化または統合。

(e) 彼/女らに対する人種的または民族的差別を助長または扇動する意図をも
つあらゆる形態のプロパガンダ(デマ、うそ、偽りのニュースを含む広報宣伝)。

第9 条 【共同体に属する権利】

先住民族およびその個人は、関係する共同体または民族5の伝統と慣習に従って、
先住民族の共同体または民族に属する権利を有する。いかなる種類の不利益も
かかる権利の行使から生じてはならない。

第10 条 【強制移住の禁止】

先住民族は、自らの土地または領域から強制的に移動させられない。関係する
先住民族の自由で事前の情報に基づく合意なしに、また正当で公正な補償に関
する合意、そして可能な場合は、帰還の選択肢のある合意の後でなければ、い
かなる転住も行われない。

5 原語の“nation”は、先住民族の国家を指す場合もある。
スポンサーサイト



<< 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 4 | ホーム | 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP