FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 5

第18 条 【意思決定への参加権と制度の維持】

先住民族は、自らの権利に影響を及ぼす事柄における意思決定に、自身の手続
きに従い自ら選んだ代表を通じて参加し、先住民族固有の意思決定制度を維持
しかつ発展させる権利を有する。

第19 条 【影響する立法・行政措置に対する合意】

国家は、先住民族に影響を及ぼし得る立法的または行政的措置を採択し実施す
る前に、彼/女らの自由で事前の情報に基づく合意を得るため、その代表機関
を通じて、当該の先住民族と誠実に協議し協力する。

第20 条 【民族としての生存および発展の権利】

1. 先住民族は、自らの政治的、経済的および社会的制度または機関を維持しか
つ発展させる権利、生存および発展の独自の手段の享受が確保される権利、な
らびに自らのすべての伝統的その他の経済活動に自由に従事する権利を有する。

2. 自らの生存および発展の手段を剥奪された先住民族は、正当かつ公正な救済
を得る権利を有する。

第21 条 【経済的・社会的条件の改善と特別措置】

1. 先住民族は、特に、教育、雇用、職業訓練および再訓練、住宅、衛生、健康、
ならびに社会保障の分野を含めて、自らの経済的および社会的条件の改善に対
する権利を差別なく有する。

2. 国家は、彼/女らの経済的および社会的条件の継続した改善を確保すべく効
果的な措置および、適切な場合は、特別な措置をとる。先住民族の高齢者、女
性、青年、子ども、および障がいのある人々の権利と特別なニーズ(必要性)
に特別な注意が払われる。

第22 条 【高齢者、女性、青年、子ども、障がいのある人々などへの特別措置】

1. この宣言の実行にあたって、先住民族の高齢者、女性、青年、子ども、そし
て障がいのある人々の権利と特別なニーズ(必要性)に特別の注意が払われる。

2. 国家は、先住民族と連携して、先住民族の女性と子どもがあらゆる形態の暴
力と差別に対する完全な保護ならびに保障を享受することを確保するために措
置をとる。

第23 条 【発展の権利の行使】

先住民族は、発展に対する自らの権利を行使するための優先事項および戦略を
決定し、発展させる権利を有する。

特に、先住民族は、自らに影響を及ぼす健康、住宅、その他の経済的および社会的計画を展開し決定することに積極的に関わる権利を有し、可能な限り、自身の制度を通じてそのような計画を管理す
る権利を有する。

第24 条 【伝統医療と保健の権利】

1. 先住民族は、必要不可欠な医療用の動植物および鉱物の保存を含む、自らの
伝統医療および保健の実践を維持する権利を有する。先住民族である個人は、
また、社会的および保健サービスをいかなる差別もなく利用する権利を有する。

2. 先住民族である個人は、到達し得る最高水準の身体的および精神的健康を享
受する平等な権利を有する。国家はこの権利の完全な実現を漸進的に達成する
ため、必要な措置をとる。

第25 条 【土地や領域、資源との精神的つながり】

先住民族は、自らが伝統的に所有もしくはその他の方法で占有または使用して
きた土地、領域、水域および沿岸海域、その他の資源との自らの独特な精神的
つながりを維持し、強化する権利を有し、これに関する未来の世代に対するそ
の責任を保持する権利を有する。

第26 条 【土地や領域、資源に対する権利】

1. 先住民族は、自らが伝統的に所有し、占有し、またはその他の方法で使用し、
もしくは取得してきた土地や領域、資源に対する権利を有する。

2. 先住民族は、自らが、伝統的な所有権もしくはその他の伝統的な占有または
使用により所有し、あるいはその他の方法で取得した土地や領域、資源を所有
し、使用し、開発し、管理する権利を有する。

3. 国家は、これらの土地と領域、資源に対する法的承認および保護を与える。
そのような承認は、関係する先住民族の慣習、伝統、および土地保有制度を十
分に尊重してなされる。

第27 条 【土地や資源、領域に関する権利の承認】

国家は、関係する先住民族と連携して、伝統的に所有もしくは他の方法で占
有または使用されたものを含む先住民族の土地と領域、資源に関する権利を承
認し裁定するために、公平、独立、中立で公開された透明性のある手続きを、
先住民族の法律や慣習、および土地保有制度を十分に尊重しつつ設立し、かつ
実施する。先住民族はこの手続きに参加する権利を有する。
スポンサーサイト



<< 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 6 | ホーム | 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP