FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 7

第41 条 【国際機関の財政的・技術的援助】

国際連合システムの機関および専門機関ならびにその他の政府間機関は、特に、
資金協力および技術援助の動員を通じて、本宣言の条項の完全実現に寄与する
ものとする。

先住民族に影響を及ぼす問題に関して、その参加を確保する方法
と手段を確立する。

第42 条 【宣言の実効性のフォローアップ】

国際連合および先住民族問題に関する常設フォーラムを含む国連機関、各国に
駐在するものを含めた専門機関ならびに国家は、本宣言の条項の尊重および完
全適用を促進し、本宣言のフォローアップ(追跡措置)を行う。

第43 条 【最低基準の原則】

本宣言で認められている権利は、世界の先住民族の生存、尊厳および福利の
ための最低限度の基準をなす。

第44 条 【男女平等】

ここに承認されているすべての権利と自由は、男性と女性の先住民族である
個人に等しく保障される。

第45 条 【既存または将来の権利の留保】

本宣言中のいかなる規定も、先住民族が現在所有している、もしくは将来取
得しうる権利を縮小あるいは消滅させると解釈されてはならない。

第46 条 【主権国家の領土保全と政治的統一、国際人権の尊重】

1. 本宣言のいかなる規定も、いずれかの国家、民族、集団あるいは個人が、国
際連合憲章に反する活動に従事したり、またはそのような行為を行う権利を有
することを意味するものと解釈されてはならず、もしくは、主権独立国家の領
土保全7または政治的統一を全体的または部分的に、分断しあるいは害するいか
なる行為を認めまたは奨励するものと解釈されてはならない。

2. 本宣言で明言された権利の行使にあたっては、すべての者の人権と基本的自
由が尊重される。本宣言に定める権利の行使は、法律によって定められかつ国
際人権上の義務に従った制限にのみ従う。そのような制限は無差別のものであ
り、もっぱら他者の権利と自由への相応の承認と尊重を確保する目的であって、
民主的な社会の公正でかつ最も切実な要求に合致するためだけに厳密に必要な
ものでなければならない。

3. 本宣言に定められている条項は、正義、民主主義、人権の尊重、平等、非差
別、よき統治、および信義誠実の原則に従って解釈される。

【市民外交センター仮訳 2008 年7 月31 日】

改訂 2008 年9 月21 日

7 原語は “territorial integrity”。その他の部分では “territory” をすべて「領域」と訳したが、
この部分については「領土保全」が日本語訳として定着しているため、「領土」とした。
スポンサーサイト



<< 車座の集い:那覇 1 | ホーム | 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP