FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

車座の集い:那覇 1

IMG_4590.jpg

先日、沖縄島に帰った際、10人ほどの人を集め、車座で5時間くらい、それぞれが平等な立場で発話し、質疑をする機会をもちました。メンバーは10年、20年、25年以来の付き合いのある先輩、後輩、友達、県議等でした。

午後1時に始まり、終わったのが6時を過ぎていました。形式としては一人15分、自分が島に生活していて考えていることを話し、その後、15分程度で議論をするというものです。対等な立場で、自由に話し合える形をとりました。

写真は左から嘉手納さん、喜屋武さん、當銘さん、父親です。嘉手納さん、當銘さんには、帰郷の際にはいつもお世話になっています。喜屋武さんを含め3人とは、東京にある沖縄人の学生寮、南灯寮の仲間です。

IMG_4591.jpg

同じ島に住んでいながら、それぞれが異なる目線で島のいまを考え、苦しみ、自分なりの実践をしていることが分かりました。
写真は右から上地さん、上里県議、県議のお友達の林田さんです。上地さんからも常に島の経済、政治について学んでいます。上里さんも南灯寮で生活したことがあり、ともに寮で生活した者同士として話も弾みました。

IMG_4592.jpg

沖縄県の分権化、経済自立を促すと、県庁、研究者が高く評価している、沖縄単独特例型の道州制が、沖縄内の一部の既存権力のためのものであり、普通の生活者にとって何のメリットもなく、かえって問題が多いという意見がいくつか出されました。

写真は右から、東江さんの弟さん、父親、東江さんです。

東江さんは、私が浪人時代から知り合いになった那覇高校の先輩です。政治経済、宗教などなんでも知っている、非常に博識な先輩です。弟さんはフィリピン、奄美諸島について研究しています。

IMG_4593.jpg
この部屋はNPOの事務所として登録している部屋です。これからも私が那覇におり、時間があるときには、ここで自由な集いを開いて、日頃考えていることを主張し、議論しあう機会をもうけたいと思います。

社会的立場は違いますが、互いに顔を見ながら、同じ空間を共有しながら、話し合い、自分の心で問うていることを他者との関係性のなかで明らかにしていくことも、ひとつの民際学の方法ではないかと思いました。民際学とは、人と人との関係性、当事者性を重視する学問ですが、龍谷大学大学院には、日本では唯一のその研究コースがあります。

スポンサーサイト



<< 車座の集い:那覇 2 | ホーム | 先住民族の権利に関する国連宣言の最終版 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP