FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

車座の集い:那覇 2

IMG_4594.jpg
参加者全員が発話するという形にしました。まず、上里さんが図書館、鉄軌道の必要性を訴えました。沖縄県は全国的にも図書館に対する予算が少ないそうです。大人も学び、就職、起業などのためにも図書館をもっと増やし、充実させるべきとの考えです。また、車を増やすような公共事業の使い方ではなく、鉄軌道をつくり、車社会からの脱却を主張しました。

林田さんは福岡からきており、九州、沖縄の道州制にどのようなメリットがあるのかを問題提起をしました。九州の各県にそれぞれ個性があり、まとまっていません。沖縄だけがどうして道州制の議論が盛り上がっているのか。滋賀県知事も道州制には距離をおいており、関西地域も道州制についてバラバラです。

IMG_4595.jpg
母がお茶を差し入れに来たところです。

東江日出郎さんは、フィリピンにおいて下からの民主主義の可能性についてレジュメをつかって説明して下さいました。長年フィリピン研究をされており、参加者もフィリピン社会の実情を詳しく知ることができました。東江さんは尖閣諸島の領土問題、日中米の外交問題、現在の日本における安全保障政策と沖縄の米軍基地との関係について話されました。東江さんによると、2025年に米国の経済問題の影響、米中関係の強化等で、沖縄から海兵隊が大規模に撤退する可能性があるそうです。

上地さんは、沖縄県の雇用政策について話しました。なぜ沖縄は失業者が多いのか。現在の不況において、さらに沖縄の失業者が増えるおそれがある。失業問題を解決するためにしなければならないことを具体的に提示して下さいました。長年、沖縄の経済にかかわられており、説得力がありました。

IMG_4596.jpg
嘉手納さんは塾の講師をしていますが、子どもたちと接していて、言葉に対する感性、コミュニケーション能力の減少に危惧を感じると述べました。全国学力試験で沖縄が2年連続で最下位になっり、子供はもっと勉強すべきであるとの意見があるが、一方、大人は勉強しているのだろうかという問題提起もありました。大人の姿勢が大切であると皆が納得しました。

喜屋武さんは、沖縄において一人が生活するにはどれだけの面積が必要で、それから換算して沖縄の適正な人口規模はどれくらいになるのかという、問題提起をしました。これは現在の移住ブームで毎年、人口が増加し、開発が進む沖縄の現状を大変、憂いている大勢の琉球人の言葉でもあると思います。喜屋武さんの提起を受けて、参加者がそれぞれの立場から適正な規模について語り合いました。

當銘さんは、自治体がIT環境を推進するために、PC施設を整備し、市民が自由にPCに触れ、インターネットを利用する環境にあるが、子供がアダルトサイトを見ていた現場に接したことがあると述べ、ITのメリットとともに、デメリットをも認識して、適切に対処すべきであると提言しました。また、琉球の先人として、現在の混沌とした琉球において、謝花昇、瀬長亀次郎についてもっと学び、行動するべきではないかとの提言もありました。

私の父親は沖縄道州制の問題性について指摘するとともに、NPO法人の理事の一人として、この部屋をいつでも車座の集いの場所として使ってもらいたい、自由に琉球の自治について語ってもらいたいと述べました。

5時間、ほとんど休み時間もとることなく、議論に集中しました。語る、聞く、意見を交換するということが、琉球人が生きていく上で大変、重要で必要としていることであると、あらためて感じました。一人ひとりの生活者が自らの思いを他者と共有し、いまの琉球、自分自身の位置を確かめあうことにもつながるのではないでしょうか。


また次回も知人、友人、友人の友人など人のつながりを使いながら、車座の集いを開いていきたいと思います。


スポンサーサイト



<< 謝花昇の生誕地を訪ねて | ホーム | 車座の集い:那覇 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP