FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『環―今こそ、琉球の自治を』の紹介

今年、藤原書店より発刊された『環:今こそ、「琉球の自治」を』を紹介します。今年は南琉球が「復帰」して35年目となります。

35年間の「開発とは琉球に対する戦争」ではなかったかという問題意識があります。これまでの歩みを振り返り、これからの進む道を考える車座の集まりが久高島で開かれ、その際の討議の内容も収められています。

琉球の問題は、琉球人自身で考え、実践しなければ、解決できないという、自治の基本にもう一度立ち返るべきではないかと考えます。



学芸総合誌・季刊
 (KAN)
【歴史・環境・文明】
Vol.30[特集]今こそ、「琉球の自治」を 

目次

久高島で考える「琉球の自治」 松島泰勝
久高島の思想 【海と共に生きる聖地の人々】内間 豊
久高島留学とは何か 【現代社会が失いかけている学びの場】坂本清治

久高島・自治の可能性 【島の霊力と「久高島土地憲章」】安里英子
久高島と竹富島 上勢頭芳徳
奄美―久高―沖縄 【神々の自立・独立論】新元博文

国策に翻弄された奄美社会 前利 潔
幻想としての沖縄タウン・大正区 金城 馨

「自治」と「地域主義」の具体化
【〈ゆいまーる「琉球の自治」〉に参加して】 真喜屋美樹
相生の島
【〈ゆいまーる「琉球の自治」〉に参加して】鈴木一策

琉球の自治と憲法 川満信一
自治の夢 高 銀
自治・自立か植民地化か 高良 勉

“琉球の自治”とは何か 目取真俊
夢のまた夢、実現の可能性 由井晶子
復帰とは何か 【シマづくりの困難を引き受けること】 比嘉道子

「清ら」による世直し 海勢頭豊
琉球文学の固有性と主体性 波照間永吉
琉球・沖縄史における「自治問題」西里喜行

轍のない地平 【未清算の琉球国併合】 後田多敦
帰属意識の行方 【復帰・独立・自治】 石垣博孝
緩んだ自治に「活」を 久岡 学

自治の原型NPO 下地和宏
西表島をほりおこす 【西表と私の戦後史】 石垣金星
自治を生きる人々―池間苗・上原成信・船道賢範・国吉昌則・石垣昭子
   松島泰勝

与那国島の国境交流と自治 田里千代基
沖縄の豊かさをどう計るか【沖縄の“豊かさ”を考えるための基礎作業】 西川 潤

人が其処に住むこと 子安宣邦
東アジアにおける琉球と韓国 【内発的発展論とネットワークの間】
崔元植

貨幣経済の虚構と琉球の自治【日本人全体を視野に入れた書】大石芳野
開かれた「自治」にむけて 玉野井麻利子
琉球弧の持続可能な経済 高成田享

ラディカルな提案をいかに受けとめるべきか 佐藤 学
「ウチナー/ヤマト」をめぐる現実の複雑さと二重性 多田 治

(藤原書店ホームページより)

スポンサーサイト



<< 石垣金星さんへのカンパのお願い | ホーム | 久高島で第一回「ゆいまーる琉球の自治」を開催 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP