FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なんた浜漂着ゴミの清掃活動

2月19日の八重山毎日新聞に、与那国島のなんた浜に大量の漂着ゴミが散乱し、16日祭りで帰郷した人、島の住民が清掃をしたという記事がありましたので、お知らせします。

私も幼い頃、与那国島に住んでおり、なんた浜で毎日のように泳いでいました。そのころは大変、きれいな海でした。港の整備、河川の整備、防波堤の建設など、開発が年々すすみ、イノー、海浜そのものにもかつてのような美しさが無くなってきているように思います。

かつての浜には漂着ゴミはあまりなく、コールタールというタンカーが洋上で廃棄する原油の残りかすが浜を真っ黒にしていたのを記憶しています。



「子どものころのなんた浜はきれいだったよねー」。浦添市に住む今年、生れ年を迎えた崎原ヨシさん(84)は、久しぶりに訪れた古里で歌に名高い「なんた浜」が漂着ごみで汚れているのを目の当たりにして嘆いた。潮風の中、兄弟姉妹らと海草やごみを袋に詰めこんでいった。

崎原さんは、本土と本島内に住む兄弟姉妹ら7人とともに、16日祭の墓参りに帰郷。久しぶりに見るなんた浜に打ち上げられた漂着ごみが散乱する光景に胸が痛んだ。

 この日は、町内に住むヨシさんの姉の池間苗さん(89)の一声で兄弟姉妹が浜の清掃をすることに。苗さんも作業に加わった。

 ごみは大きいビニール袋で12個分。粗大ごみは島に住むおいやめいらの手を借りた。苗さんはヨシさんの若いころを「歌姫と呼ばれるほど、よくこの浜で歌っていた」と回顧。

「幼少のころ、浜で眺めた月は美しかった。月夜の浜で泳いだこともあった」と述懐し、背後にそびえる「ティンダバナタ」を照らす月光で、なんた浜は白くまぶしかったと話した。

 約3時間の作業で浜はすっかりきれいになり、ヨシさんは美しかった昔のなんた浜に思いをはせた。
スポンサーサイト



<< 漂着ゴミ対策について | ホーム | 振興開発によるヤンバルの森の破壊 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP