FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

漂着ゴミ対策について

八重山毎日新聞2月21日の記事に、竹富町が国の交付金を用いて漂着ゴミの収集、処分を行うとの記事がありましたので、ご紹介します。漂着ゴミは財源が不足している地域自治体にとって大きな問題であり、ゴミの排出責任は他国にあります。特に多いのが台湾、中国であるといわれています。国は漂着ゴミの発生源を調査して、その国や地域に対し明確に注意を行い、対策を実施する必要があります。それは、外交権を有する国の責任ではないでしょうか。

問題が解決するまでの間は国が予算を投じてゴミ対策を行うべきだと考えます。




国内外からの漂着ごみが問題化するなか、竹富町は今年、国の地域活性化・生活対策臨時交付金を活用し、各島々から漂着ごみを撤去する。

 漂着ごみの処理は、これまで各地域のボランティア団体などが回収・撤去をしてきたが、産業廃棄物扱いとなることから、島内で処理できず、回収ごみの処理費用の捻出が大きな課題となっていた。

今回は、町が去る16日の臨時議会で可決された一般会計補正予算で、同交付金を活用して1391万円の海岸漂着ごみ清掃運搬処理委託費などを計上。

年内に各島々から漂着ごみを撤去することにしている。

 計画では、各島の公民館や環境ボランティア団体と協議したうえで漂着ごみを撤去する海岸を選定。

各島単位で30人~20人の作業員を動員し、海岸に漂着している発泡スチロールやペットボトル、漁具、流木などを回収。石垣市まで海上輸送し、市内の産廃処分場で適正処理することにしている。

 担当する町自然環境課によると、漂着ごみは、西表島など各島の北海岸を中心に多いという。
スポンサーサイト



<< 黒島の牛祭 | ホーム | なんた浜漂着ゴミの清掃活動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP