FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

桜美林大学の学生さんの泡瀬干潟開発に対する取組

桜美林大学の林加奈子先生の教え子の遠藤さんから、同大学で泡瀬干潟開発に反対する取組についてメールを頂戴いたしましたので、お伝えします。

大変、貴重な取り組みであり、国、沖縄県、沖縄市は、「経済合理性」がないだけでなく、希少な資源を奪い、海を破壊し、人々の記憶を消し去る行為をやめるべきだと思います。



こんにちは。
桜美林大学の学生団体PINO・泡瀬チームメンバーの遠藤です。


私は、サイパンの海で生きた珊瑚礁やたくさんの魚を見たことをきっかけに、海に関心を持つよ
うになりました。

また、大学の国際協力研修でフィリピンへ行った際には、海洋保護区などを見学し、海を守るこ
との大切さを学びました。

泡瀬干潟埋め立ての問題を知ったのは、メンバーの一人がニュースで埋め立ての映像を見たこと
がきっかけでした。

私たちは、泡瀬干潟の現状を知るために、埋め立て反対運動の中心である「泡瀬干潟を守る連絡
会」の会員であり、「泡瀬干潟大好きクラブ」代表の水野隆夫さんにお話を聞きに行きました。

水野さんは、本物の自然に触れることがとても大事であるということを教えてくださり、私たち
は千葉県の行徳で毎月2回行われている野鳥の観察会にも参加しました。
そこでありのままの自然に触れ、改めて自然を守ることの大切さを感じました。


2月9日には、桜美林大学に水野さんをお招きして講習会を行いました。
水野さんのお話を聞き、国や沖縄県、沖縄市がやっていることは本当にひどいものだと感じまし
た。

講習会に集まったのは20人弱でしたが、みんなが同じ気持ちになってくれたのを感じて心強く思
いました。
この模様は、2月15日の東京新聞(24面)に掲載されました。

これからも少しずつですが、泡瀬の現状を伝える活動を続けていきたいと思っています。

泡瀬干潟の埋め立てを止めるためには、一人の力だけでは足りないけれど、大勢が集まって大き
な力にしていけたら良いと思っています。


最後に、泡瀬干潟を守る東京連絡会と泡瀬干潟大好きクラブが主催するシンポジウムについてお
知らせします。

********************************
◎干潟を守る日2009参加イベント
緊急シンポジウム「救え、沖縄・泡瀬干潟とサンゴの海!
~判決無視の埋め殺し工事をストップさせよう!!」

沖縄本島東海岸に位置する泡瀬干潟は、砂・泥・海草藻場・サンゴ礁など多様な
環境を有し、貝類、甲殻類、ゴカイなどの底生生物、海草、サンゴ、鳥類、魚類
など、そこにすむ生物の多様性は国内有数、生物量も大きく絶滅危惧種や新種が
多数生息するなど世界自然遺産にもなりうる重要な環境です。

そんな生きものの楽園が、今、土砂で埋め殺されようとしています。

沖縄県と沖縄市が計画している海洋リゾート事業と、そこに隣接する新港地区で
内閣府沖縄総合事務局が実施している港湾整備が一体となった中城湾港の開発整
備事業。港湾整備で排出される浚渫土砂が泡瀬干潟地区のサンゴの海に投入され
ているのです。

ずさんな環境アセスメントのあと開始された埋め立て事業は、昨年11月の那覇
地裁判決において、経済的合理性がないと厳しく指摘され、県と市に公金支出
の差し止めが命じられました。

しかし、国は、この判決を無視して、1月中旬より干潟への土砂投入を進めてし
まいました。

このシンポジウムは、泡瀬干潟で今起こっていることを検証し、無駄な開発事業
から泡瀬干潟とサンゴの海を救うために、私達に何ができるかを考えていきま
す。各党からの国会議員にもお集まりいただき、政治解決の道を探っていきます。

◎日時:2009年3月17日(火)18:30~21:00(開場 18:15予定)

◎場所:エデュカス東京(全国教育文化会館)7階大会議室<定員180名>
<最寄り駅:地下鉄有楽町線・麹町駅から2分>
東京都千代田区二番町12ー1 (TEL:03ー5210-3511)
◎参加費(会場と資料代):一般1000円、学生500円

◎主催:泡瀬干潟を守る東京連絡会、泡瀬干潟大好きクラブ
◎後援:泡瀬干潟を守る連絡会、(財)日本自然保護協会、(財)日本野鳥の
会、WWFジャパン、ラムサールCOP10のための日本NGOネットワーク

●主な内容:
・泡瀬地区埋め立て問題の解説・・・
前川 盛治(泡瀬干潟を守る連絡会事務局長)

・泡瀬干潟の生物多様性と保全の意義・・・
山下 博由(泡瀬干潟生物多様性研究会代表)

・埋立事業ありきの環境アセスメントと市民参加の欠落・・・
開発法子(日本自然保護協会保全研究部長)

・沖縄出身歌手による島唄
・各党議員を交えてのパネルディスカッション
「泡瀬干潟を無駄な埋め立て事業から救うために」

・干潟を守る日宣言


【問い合わせ先】
陣内 隆之(泡瀬干潟を守る東京連絡会)
TEL:090-8179-2123、 FAX:04-7154-5629
Email:bi5t-jnni@asahi-net.or.jp
〒270-0115 千葉県流山市江戸川台西4-110

水野 隆夫(泡瀬干潟大好きクラブ)
TEL:090-1944-0345
Email:mahodoriz@orange.zero.jp

スポンサーサイト



<< 米軍原子力潜水艦の活動急増と放射能汚染のおそれ | ホーム | 黒島の牛祭 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP