FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍谷大学大学院民際学研究プログラムの授業シラバス1

私が民際学研究プログラムにおいて、「民際学概論」「民際学特別演習」「地域経済論」という授業を担当しています。今回は「民際学概論」のシラバスをご紹介します。同科目は日本語版と英語版の2つの授業が用意されています。
昨年は、カンボジアの留学生とともに英語を共通語にして、カンボジア、琉球や太平洋諸島の経済について議論しました。今年も、学生さんと議論して、互いに学びあいたいと考えています。


民際学概論
日本語版

講義概要
 民際学は次のような特徴を有する学問であるといえます。
① 国民国家の枠組みを越えた、民衆の直接的な関係・交流・ネットワーク、民衆による脱国境的な経済活動等を研究対象とします。
② 人間と人間との関係性、人間と社会(国家権力、歴史文化、風土等)との関係性、地域環境の循環性・持続可能性等、トータルな生活世界のなかにおいて経済のあり方を考えます。
③ フィールドワークを通じて多くのケーススタディを学び、学際的な手法に基づいた、具体的な議論や分析によって地域や人々が抱える問題の本質を明らかにします。
④ 研究者自身が当事者意識をもち、多様な問題を解決するための政策や提案を示し、問題状況の改善を図ります。
⑤ ワークショップ、フィールドワーク等を通じて、研究参加者が互いに学び合いながら研究を進めていきます。
⑥ マイノリティー、社会的底辺におかれた人々が、支配-被支配の関係性を問い直し、自らが直面している窮地から脱するための実践知、方法論、政策論に関する研究を行います。
⑦ 地域の人々が抱えている諸問題を多角的な観点から、具体的に考察し、その解決への道筋を地域の人々とともに考えて実践する、民衆主体の地域研究です。
 以上のような民際学の基本的性格にしたがって、琉球列島、太平洋諸島を主な研究対象として、受講者と議論を行います。
 次に、受講者が自らの研究課題を民際学と関連させながら研究発表し、相互に議論を行います。民際学という研究手法を用いて、自らの研究課題を新たな視点から考えることも可能になると思います。

授業計画
1. イントロダクション
2. 民際学について
3. 琉球列島、太平洋諸島を民際学から考える
4. 受講者による発表 
5. 講義のまとめ

授業の進め方
 受講者の主体性を重んじ、双方向型の授業とし、相互の討論を重視する。映像、写真等を用いて民際学を具体的に理解できるようにする。

成績評価方法
 授業態度、出席状況、研究発表内容、討論内容、レポート等に基づいて評価する。

担当者から一言
 強い問題意識を持ち、民際学について熱く議論したいと考えている学生を歓迎します。

テキスト
 プリントを配布します。

参考文献
 松島泰勝『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
 松島泰勝『沖縄島嶼経済史-12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
 松島泰勝『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年

英語版

A lecture summary
 The study of peoples’ relations has the following characteristics.
① The object of this study is to understand direct relations / interchanges / networks, the economic activities of the de-border by the peoples beyond the frame of the one-country-one-nation.
② We recognize economic activities in the life world focusing on the peoples’ relations,relations between peoples and the society (the power of the state, history,culture, climate), local environmental circularity / sustainability.
③ We clarify the essence of local,peoples’ problems by the concrete argument and analysis based on interdisciplinary techniques,and by learning many case studies through fieldworks.
④ Researcher oneself has person concerned awareness and shows policies and suggestions to solve various problems and to improve the problematic situations.
⑤ Study participants learn the study of peoples’relations each other through workshops, fieldworks.
⑥ Minorities,peoples at the lower levels of society reexamine the relation of ruler- ruled and study about practical intellect, methodology, the policy theory to escape from the predicament that themselves face.
⑦ It is area study by peoples themselves through considering many problems that local peoples have concretely from a multidirectional point of view, and through thinking about a route to the solution with local peoples.

According to basic characters of the study of peoples’ relations,I will discuss Ryukyu chain of islands, Pacific Islands as main study cases and argue with students each other about these islands.
 Next,while you will associate their own research theme with the study of peoples’ relations,you will make an oral report of the results of yours research and argue mutually. With study technique called the study of peoples’ relations, I think that you can think about your own research theme from a new viewpoint.

A class plan
1. Introduction
2. About the study of peoples’ relations
3. The study about Ryukyu chain of islands, Pacific Islands based on the study of peoples’ relations
4. Oral reports by students  
5. The summary of the lecture

How to lead classes
 I will respect the independence of will of the students attending this lecture and make much of mutual discussion. I will show video films,photographs for you to understand the study of peoples’ relations concretely.

A scholastic evaluation method
 Attendance situation, presentation of the results of the study contents, discussion contents, a report.

It is a word from the person in charge
 I welcome the students who want to argue with me and other students about the study of peoples’ relations with a strong critical mind.

A text
 I will distribute prints.
スポンサーサイト



<< 龍谷大学大学院民際学研究プログラムの授業シラバス2 | ホーム | 米軍原子力潜水艦の活動急増と放射能汚染のおそれ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP