FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい琉球の時代の幕開け

新しい琉球の時代の幕開け

松島泰勝 『機』藤原書店、2007年2月号


琉球国は数百年にわたりアジア各地と交易を行ない、文化を吸収してきた。

アジアの中で琉球が育まれてきたのである。しかし1609年、薩摩藩は奄美諸島に侵略して直轄領とし琉球を分断した。

1879年、日本は琉球国を滅亡させ、アジアとの関係を断ち切った。
今年は南琉球が「日本復帰」して35年目になる。

祖国、母国と憧れてきた日本は、米軍基地を押し付け、振興開発により島を切り刻み、海を埋めてきた。

「沖縄文化」は観光客に見せ、喜ばせる商品に成り果てた。日本の企業や移住者が島の経済や人を支配していく。

米国に従属する日本は恥ずべきことだが、その日本に隷属されることはさらに悲劇である。

「復帰」とは何であったのか、これからも「復帰体制」を続けるのかが問われている。

 日本による基地と振興開発とのリンケージ策を切断できるのは琉球人しかいない。

大半の琉球人が「復帰」を選択したが、琉球人の自己決定権の行使は一回きりで終わりではない。

変革する状況が現れれば何度でも行使できる。近代化以外の道を歩む、外交権を有する高度な自治領になるという選択肢もある。

それにより日本一辺倒の関係から脱却し、アジアとの多様なネットワークを形成する。

今年三月、「ゆいまーる琉球の『自治』―万人のもあい」という車座の集いを藤原書店の協力を得て久高島で行なう。

久高島は現在も土地の私的所有を認めず、リゾート開発を拒否し、島おこし運動を進めている。神、自然、静かな生活、互いに助け合う生き方(ゆいまーる)等、カネでは買えないものがここにはある。

この集いは知識交換の場ではない。土地の声を互いの顔をみながら聞く。魂の言葉で自治を語り、島の知恵を学びあう。自らの力で島を治めることが平和の礎になる。

島の唄や踊りでそれぞれの文化を結ぶ。南北の琉球がつながり、将来は他のアジアとも結び合いたい。「ゆいまーる」によって、新しい琉球の時代が始まる。
スポンサーサイト



<< 『奄美の振興開発-住民からの検証』の紹介 | ホーム | 経済自立、活性化とは何か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP