FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍谷大学大学院民際学研究プログラムの授業シラバス3

民際学の手法を用いて、大学院では「地域経済論研究」という科目も担当しています。
島嶼地域が抱える問題と、ゆいまーるによる協同性を強固に保持した内発的発展による、
問題の克服について、学生と論じていきたいと思います。
また、学生が関心を持つ地域の経済についてもともに議論し、学んでいきたいです。





地域経済論研究

講義概要
 地域経済とは、村や町などの小規模なレベルからEUなどの国境を越えた大規模なレベルまでを含む、ある一定の地理的範囲における経済活動をさします。それぞれの地域には独自の政治構造、社会生活、歴史風土、生態系、文化等があり、これらと関連しながら地域経済が展開されてきました。

また中央政府との関係性(中央集権体制なのか、分権体制なのか等)によっても地域経済のあり方は大きく異なります。

地域ごとに経済発展の水準や内容、経済構造や形態等に違いがみられ、地域の人々が直面する経済問題の性格、問題解決のための取り組み方法や政策等においても多様な展開をみせています。

 本講義では、地域の具体的な事例として琉球列島、太平洋諸島に焦点を絞って考察します。琉球列島は奄美諸島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島等の海洋に散在する島々からなります。

太平洋諸島は、ミクロネシア文化圏、ポリネシア文化圏、メラネシア文化圏とよばれる、太平洋上の3つの文化圏に属する島々です。

各島嶼は人口が少なく、面積が狭いため、市場の規模が小さくなります。またそれぞれの経済空間が島嶼として分散していること、大きな市場から遠距離にあること、鉄道・道路等が海によって分断されていること等のために輸送コストが高くなり、他地域にあるインフラや施設等への接近が困難になる傾向があります。

本講義では、島嶼性ゆえに発生する経済問題とその解決方法や政策について研究する学問である島嶼経済論に関する概説を行います。

 そのうえで、受講者が関心をもっている特定の地域における経済について研究発表してもらい、相互に議論を行います。

授業計画
1. イントロダクション
2. 地域経済論と島嶼経済論との関係について
3. 琉球列島を、太平洋諸島という島嶼地域の地域経済を考える
4. 受講者による研究発表 
5. 講義のまとめ

授業の進め方
 受講者の主体性を重んじ、双方向型の授業とし、相互の討論を重視します。映像、写真等を用いて地域経済、島嶼経済を具体的に理解できるようにします。

成績評価方法
 授業態度、出席状況、研究発表内容、討論内容、レポート等に基づいて総合的に評価します。

担当者から一言
 強い問題意識をもち、地域経済について熱く議論をしたいと考えている学生を歓迎します。

テキスト
プリント、資料等を配布します。

参考文献
 松島泰勝『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
 松島泰勝『沖縄島嶼経済史-12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
 松島泰勝『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
スポンサーサイト



<< 嘉手納爆音訴訟 | ホーム | 龍谷大学大学院民際学研究プログラムの授業シラバス2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP