FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジー、北マリアナ諸島のニュース

今年1月のフィジー、北マリアナ諸島のニュースです。PIRとは、Pacific Islands Reportの略でして、太平洋諸島、豪州、ニュージーランド等の太平洋地域のメディア(新聞、ラジオ、テレビ)のニュースを土日除く毎日、英語で提供しているホームページです。ハワイ大学の中にPIRの事務所があるそうです。


フィジーはイギリスの植民地でしたが、植民地時代、多くのインド人労働者がサトウキビ産業のために移住し、現在も全人口の半分近くを占めています。



1/21 Fijilive PIR
インド政府がフィジー洪水救援のために10万米ドルの支援金を提供する。

インド政府はフィジーにおける洪水災害救援資金として10万米ドルを提供するだろう。フィジーの首都スバにある、インド政府の高等弁務官事務所は次のような声明を発出した。

「インド政府とインド国民は、フィジー諸島における洪水災害によって引き起こされた多くの人命の損失と破壊に対し深く悲しんでいる。災害に遭われた方々に対しインド国民は同情し、共に助け合う気持ちをもって、このような困難な時期に臨んでいる。」

インド政府は、支援金の他に、女性のためにミシンを提供する予定である。地方やスラムに住む、天災の被害を受けた女性にミシンを提供するによって所得を獲得する機会を与え、女性のエンパワーメントを支援するという目的がある。また、インド政府は、洪水の被災地にある学校において学ぶ生徒に対して、ノート、筆記用具を含む文房具をも提供するだろう。


北マリアナ諸島は米国の一部であり、コモンウェルスという政治的地位を有しています。先住民族はチャモロ人であり、自らの言葉もあります。


1/27 Saipan Tribune PIR
北マリアナ諸島の教育者が地元の言葉が失われていることを懸念している。

チャモロ・カロリン語政策委員会は、北マリアナ諸島地元の言葉であるチャモロ語やカロリン語が、急速に失われていると懸念を示している。

2003年に同委員会が行った調査によると、公立学校の全生徒の15%しか地元の言葉を話さず、その他の生徒は家庭の内外で英語を使っていた。同委員会や公立学校システムは、小中学校において、バイリンガル・プログラムを実施してきた。しかし、資金面での問題のほかに、同事業のための教員を確保することが困難であるという問題が生じた。

90年代に、北マリアナ諸島大学でも、同様の事業が実施されたが、教員確保の困難という同じような問題が生じて、事業は中止を余儀なくされた。現在では、地元の言葉を使うテレビのトークショーにしか同事業は残っていない。


フィジーでは1987年以来4回クーデターが発生しており、現在も軍事力により首相を追い出した軍人が暫定首相についた状態にあります。太平洋諸島フォーラムとは、太平洋島嶼国と、豪州、ニュージーランドをメンバーとした太平洋地域の国際機構です。



1/28 Fiji Times PIR
太平洋諸島フォーラムがフィジーの民主化回復に対して国際社会の支援を求めている。

太平洋諸島フォーラム加盟諸国の首脳たちは、フィジー政府に説明責任を求め、政治的民主主義の速やかな回復を促す措置を国際社会が支持するように求めている。

パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催された太平洋諸島フォーラム総会において、加盟諸国の首脳たちは、今年5月1日までに総選挙を実施するようにフィジー政府に求め、もしも実施しない場合は、金融上、貿易上の制裁措置をフィジーに課すという決議を採択した。

2007年にトンガで開催されたフォーラム総会において、フィジーのバイニマラマ暫定首相は、今年の3月までに総選挙を実施することを約束していた。同首相は、昨年ニウエで開催されたフォーラム総会に欠席したが、今回の総会にも、洪水被害への対応を理由に出席していない。
スポンサーサイト



<< 米国の太平洋環境政策、サモアの製造業、太平洋における漁業資源 | ホーム | 太平洋諸島のニュース >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP