FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米国の太平洋環境政策、サモアの製造業、太平洋における漁業資源

米国の前政権による太平洋の環境保護政策です。今年5月に北海道において、日本政府主催の「島サミット」が開かれますが、その中でも日本政府は太平洋諸島の環境問題への取り組みを重視すうr「太平洋環境共同体」構想を提示する予定です。



1/7 Radio Australia PIR
ブッシュ大統領が太平洋に世界最大の「海洋資源保護地区」を設置する。

同保護地区は、北マリアナ諸島の近くにあるマリアナ海溝、米領サモアのローズ環礁、中央太平洋の小さな島々が囲む海域からなる、約50万平方キロメートルという、世界最大の海洋資源保護地区となる。保護地区の設定により、同海域内において生息している魚類、鳥類、サンゴ礁、海底活火山の保護につながるだろう。

2008年にキリバスがフェニックス諸島保護地区を設定して、その海域が世界最大の保護地区となったが、今回の米国による保護地区はキリバスのそれを上回る規模となる。しかし、北マリアナ諸島の住民は、自分たちの海域が連邦政府の管理下におかれ、住民による資源利用に制限が加わることに対して懸念を示している。


矢崎総業という日系企業がサモアにおいて、自動車部品工場を経営していますが、昨今の世界的な経済不況の影響を受けています。太平洋の島々の世界経済と無縁ではありません。


1/14 Samoa Observer PIR
矢崎サモアの将来に暗雲がかかっている。

世界的な不景気の影響を緩和するために、サモア人労働者の就労時間を削減するのは短期的な解決策でしかないと、矢崎サモア社の関係者は語っている。海外における自動車生産の受注が18%減少したため、約1500人の労働者は、今後9週間のわたり、32時間から40時間、就労時間が削減されるだろう。



太平洋にある豊富な資源のカツオ、マグロも乱獲等により減少傾向にあります。人間の欲望が海を貧弱にしつつある現実があります。これは昨年の12月のニュースです。



12/3 Radio New Zealand International PIR
中西部太平洋漁業委員会はマグロの漁獲量を削減する予定である。

中西部太平洋漁業委員会は、中西部太平洋におけるキハダマグロの漁獲高を30%削減することを提案している。日本は世界中における漁獲量の動向をリードしてきており、同委員会による今回の提案は日本の漁業者や消費者に対し大きな衝撃を与えるだろう。

キハダマグロは現在乱獲されており、近い将来、漁獲規制が設けられないと、危機的な程に減少することが予測されている。同委員会は、緊急に漁獲量削減を行うことを求めるとともに、漁獲活動の3か月間禁止等について合意形成することを求めている。

延縄漁の場合、2009年に10%、2010年に20%、2011年に30%のように削減量を少しずつ増やしていくことも同委員会は提案している。
スポンサーサイト



<< マーシャル諸島人の米兵、米軍とトンガとの関係、資源大国としてのPNG | ホーム | フィジー、北マリアナ諸島のニュース >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP