FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーシャル諸島人の米兵、米軍とトンガとの関係、資源大国としてのPNG

パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の国民は米国との協定に基づいて、米軍に入隊することができます。



09、12/10 Radio New Zealand International PIR
マーシャル諸島出身の米兵が初めてイラクで死亡した。

先週、イラクにおいて自爆事件があった際、マーシャル諸島出身米兵として最初の死亡者が発生した。マーシャル諸島出身の米兵、ソロモン・サム(31歳)が車を運転しているときに、爆薬を積んだ車と衝突した。

2003年以来、イラクとアフガニスタンにおいて米国と同盟を結んだ太平洋島嶼出身の兵士として24人が死亡したが、その中で、今回初めてマーシャル諸島出身者が死亡した。自爆事故により、サム氏のほかに同じ車に乗っていた米兵が死亡し、数人が負傷した。



王国のトンガは親米的であるともいわれており、軍事的にも両国の関係強化が進んでいます。



09、12/16 Radio Tonga News PIR
米海軍がトンガにおいて安全保障やコミュニティへの支援活動を行っている。

トンガ防衛隊は、米国の支援により軍事訓練や軍事教育における高いレベルを維持することができるだろう。米国はトンガを含む同盟・友好国の訓練生を支援するプログラムを資金的に支援している。

トンガに対して米国は19万6千米ドルの支援金を提供するが、それによりトンガ人兵士は米国内での研修、軍事訓練への参加が可能となる。また米国は太平洋パートナーシップ協力と呼ばれるプログラムを実施している。

それはトンガを含む南太平洋諸国に米軍艦を寄港させるものであり、トンガには毎年6月から8月にかけて寄港する。同軍艦には建設チームが乗船しており、上陸後、コミュニティーセンターや学校の建設や修繕等を実施している。

他方、トンガ人兵士はイラクに駐屯しており、バグダットのアルファウ宮殿を警備していたトンガ第三派遣団が現在、帰国の途に就いている。



パプアニューギニアには金、銅、ニッケル、天然ガス、原油などの資源が豊富であり、日本以外にも中国の企業が投資を活発に行っています。


12/21 The National PIR
日本企業がパプアニューギニアにある豪州のエネルギー会社を買収する。

新日本石油開発会社は、AGLエネルギー社の株式を7億米ドルで買収した。それにより新日本石油開発会社は、パプアニューギニアにある全ての天然ガス会社のガス資源を所有することが可能になった。

同国のウィリアム・デュマ原油エネルギー大臣は、「新日本石油開発社のような国際的に活動し、評判の高い企業がパプアニューギニアの天然ガス事業にさらに関与することを決意したことに対して我々は非常にうれしく思う。

これにより我が国の液化天然ガス事業に対する信頼性も高まったといえる。」と語った。新日本石油開発会社の古関信社長は、今後、パプアニューギニアの原油開発や他のガス開発事業にも参入していきたいと述べた。
スポンサーサイト



<< 豪州で働くトンガ人、台湾とソロモン諸島、中国とPNG | ホーム | 米国の太平洋環境政策、サモアの製造業、太平洋における漁業資源 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP