FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

豪州で働くトンガ人、台湾とソロモン諸島、中国とPNG

昨年11月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
豪州、NZでは太平洋諸島民は移住労働のための特別枠があり、多くの人が働いています。島嶼国にとって両国が経済的にも、生活空間としても大切な国であるといえます。



11/16 Matangi Tonga PIR
800人のトンガ人が季節労働者としてオーストラリアで働く。

オーストラリアの農地で働くため、来年7月に、トンガから季節労働者800人が出国する予定である。オーストラリアのニューサウスウェルズ州において、アーモンド、玉ねぎ、ジャガイモ、他の作物の収穫作業に、21歳から45歳までのトンガ人労働者が従事する予定である。

オーストラリア政府の太平洋季節労働者パイロット事業と呼ばれるプロジェクトによって、合計で2500人の島嶼国労働者が7ヶ月間、オーストラリアで働くことが許可される。トンガとバヌアツからそれぞれ800人、パプアニューギニアから650人、キリバスから250人がオーストラリアで働くことになろう。



台湾は、ソロモン諸島、パラオ、ナウル、マーシャル諸島、ツバル等と外交関係を結び、これらの島嶼国は台湾を独立国家として認めています。台湾にとって自らの独立性を国際的に保持するためにおいても、太平洋は重要な場所であるといえます。



11/26 SIBC PIR
台湾は自らの経済的危機状況にもかかわらずソロモン諸島の支援を継続して行っている。

台湾は自らが、これまでにない程の深刻な経済的危機に直面しているにもかかわらず、ソロモン諸島が世界的な金融危機に対処できるように支援していくとの方針を台湾政府は明らかにした。

台湾政府は、ソロモン諸島における地方開発基金に対し140万米ドルを援助する。その他、台湾政府は、ソロモン諸島政府の訓練・教育賞のために96万1千米ドルの支援を行う。



台湾と外交関係を結ぶ国以外の国々においては、中国が外交関係を結んでいます。貿易、投資、援助等、活発に行っていますが、経済関係では、パプアニューギニアとの関係が近年、非常に深まっています。


10/2 The National PIR
中国とパプアニューギニアの貿易が成長している。

中国とパプアニューギニアとの貿易額が増大しており、今年前半期において両国の貿易額は4億8800万米ドルに達した。これは前年比で38%の成長率である。

来年から始めまるラム・ニッケル開発事業により、両者の貿易額は今後も増大するだろう。中国の対太平洋島嶼国との経済関係において、パプアニューギニアは中国の最大の貿易、投資相手国である。

両国ではその他の分野でも交流が進んでいる。26人のパプアニューギニア人に中国政府の奨学金が給付され中国内で学び、50人の政府職員、各分野の技術職員が中国で技術訓練を受けている。また中国政府による医療団も来月、パプアニューギニアに派遣される予定である。

スポンサーサイト



<< 沖縄島の不発弾問題 | ホーム | マーシャル諸島人の米兵、米軍とトンガとの関係、資源大国としてのPNG >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP