FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PNGの売春問題、トンガのカボチャ、海兵隊移設と環境問題

2008年10月の太平洋諸島のニュースです。
パプアニューギニア、フィジー等の都市部では近代化が進み、カネがないと生活が困難になる状況にあり、現代的な諸問題が蔓延する状況がみられます。近代化とは何かを考えさせられます。



10/23 The National PIR
貧困状態がパプアニューギニアの女性による売春を増加させている。

2つのキリスト教組織によると、パプアニューギニにおいて、自らの所得を補うために売春を行う、低所得の女性たちが増えている。

経済的状況が厳しく、売春以外の選択肢がなくなっているという現実がある。その結果、エイズ感染者も激増している。

あるキリスト教組織は売春を行う女性に対して、カウンセリングを行い、仕事を得るための訓練を行い、生活状態を改善するための道具等を提供している。失業中の女性は仕事をしている女性よりも生活状態がわるく、大金を得る手段として売春に頼っているケースが多いと指摘されている。


カボチャがトンガと日本を結んでいます。北海道のカボチャ価格の動向がトンガのカボチャ価格の行方を左右しており、日本の国内経済とも関係しています。


10/27 Matangi Tonga PIR
トンガ産カボチャの日本や韓国向け輸出が増大する見込みである。

トンガ最大のカボチャ輸出業者である、ニシ商社は、今年における、日本や韓国向けカボチャの輸出高を1200トンに目標を定めているが、それは昨年の輸出高900トンを上回る量となるだろう。

同社はトンガの様々な場所に総面積300エーカー以上の畑をもち、そこで100キロ分のカボチャの種を植えて栽培しており、同社は今年、トンガ最大の輸出業者になるだろう。

カボチャの市場価格は、日本国内最大のカボチャ産地である北海道におけるカボチャの供給量に依存する。もしも北海道産のカボチャの供給量が多ければ、トンガ産のカボチャに対する需要量は減少し、北海道産の供給量が少なければ、トンガ産の需要量は増大するだろう。

かつてトンガにはカボチャの輸出業者は10社あったが、現在は4社しかない。倒産の理由は、借金を抱えながら経営する方法を経営者が知らないからであるとされている。昨年、トンガからのカボチャ総輸出高は5000トンに達した。


琉球からの海兵隊のグアム移設は、グアムだけにとどまらず、北マリアナ諸島に対しても環境問題などの問題を発生させるおそれがあります。
10/29 Pacific Daily News PIR
グアムの基地建設に関して環境保護団体が会合を開いた。

グアムの基地建設に関する会合に、北マリアナ諸島の様々な環境団体の代表者が参加した。同会合の目的は、沖縄からグアム、北マリアナ諸島に海兵隊が移設される際に必要とされる環境対策を準備するためである。

新しい基地の建設は2010年からは始まり、2014年までには海兵隊の移設作業は完了する予定である。建設予算は総額1000億米ドルになるとされている。北マリアナ諸島のテニアン島、パガン島、その他の同諸島の北部にある島々は、移設にともない、軍事訓練場になるとみられている。

同会議では、インフラ・道路等の建設、廃棄物処理、医療や学校体制等について話し合われた。
スポンサーサイト



<< フィジーの製糖業、PNGの戦後賠償問題、ナウルのリン鉱石、トンガの中国人 | ホーム | 沖縄島の不発弾問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP