FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『奄美の振興開発-住民からの検証』の紹介

1995年にあまみ庵から出版された『奄美の振興開発-住民からの検証』をご紹介いたします。

著者は長年、名瀬市議会の議員をされていた、吉田慶喜さんです。
吉田さんには昨年、実際にお会いして奄美の振興開発について、お話を伺うことが出来ました。

なぜ、振興開発が初期の目的を達成できなかったのかを、住民の視点から丹念に調べてこられ、住民運動にも積極的にかかわってこられた方です。

17日からの宇検村での集いでも奄美諸島の開発が議論になると思いますが、同著は重要な文献になると思います。




第1章 第3次奄振の課題
  Ⅰ 改正された奄振法 
  Ⅱ 第三次奄振計画 
  Ⅲ ソフト施策は充実されるか

第2章 復興・振興・振興開発の40年
Ⅰ 40年前の奄美 
  Ⅱ 復帰対策の問題点 
  Ⅲ 復興計画期(1954~1963年) 

  Ⅳ 振興計画期(1964~1973年)
  Ⅴ 振興開発計画期(1974~1983年)
  Ⅵ 新振興開発計画期(1984~1993年)

第3章 奄美振興への私の提案
 
(帯より)「奄振」(奄美群島振興開発特別措置法)とは何か?
 本書は、「奄振」を通して、戦後奄美の振興開発の歩みを知ると共に、奄美の住民が自らの展望を拓くための、待望 のテキストである。

 自治体関係者や研究者、奄美の再生のために各分野でがんばっておられる方たちには、必読の書となるだろう。

 奄美の復興、振興、振興開発は、「本土並み」を追求し、「沖縄並み」を求めて、ついに追いつけなかった。

投じられた総事業費は一兆円。
「住民が主役の、住民参加による、住民のための」振興開発計画だったのか、その内実と展望を検証する。

あまみ庵ホームページより
スポンサーサイト



<< 『苦い砂糖』の紹介 | ホーム | 新しい琉球の時代の幕開け >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP