FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹峰誠一郎さんのマーシャル諸島論 1

竹峰さんは、現在、三重大学で研究員をされています。竹峰さんも早稲田大学の西川潤先生のもとで学ばれてきました。以前、私がマーシャル諸島のマジュロ島を調査しているとき、竹峰さんにばったり出会い、「太平洋は狭いな」と思った次第です。マーシャル諸島の研究、日本とマーシャル諸島を結ぶ活動もされています。ご本人の了解をえて、マーシャル諸島に関するコラムを転載いたします。
土地の共的管理は他の太平洋諸島にもあり、久高島にもあります。




土地はお金では買えない―マーシャル諸島の土地事情(前編)
日本から東に目を向けると、世界地図では点のようにしか見えませんが、ミクロネシアと呼ばれる太平洋の海世界が広がっています。

マーシャル諸島は29の環礁と5つの島々から構成されています。環礁とは、単独の島ではなく、小さな島々が輪を描くように連なっています。内側にはラグーンと呼ばれる湖のような穏やかな海が広がり、外側には太平洋の大海原が広がっています。その美しさは「真珠の首飾り」とも称されます。

1986年マーシャル諸島は、アメリカと自由連合協定を締結し独立しました。国連にも加盟していますが、総面積は181平方キロと、沖縄県の10分の1に満たない土地に、約5万7000人(2006年推定)が暮らしています。
 そんなマーシャル諸島で「一番大事なものは土地です」と日系人のカナメさんは流ちょうな日本語で語ります。

マーシャル諸島では、お金をいくら積んでも土地は買えません。土地は売ったり買ったりするのではなく、マーシャル人として生まれたら自動的に付与されるものです。付与された土地は、誰かに売りわたすことはありません。ですから不動産屋はマーシャル諸島にはありません。

マーシャル諸島の土地は、地域住民が主体となって共同で管理されています。私有財産制ではないのです。国有地・公有地もマーシャル諸島にはありません。

「××はわたしの土地」、「わたしは××に土地をもっている」という言い方を住民はします。しかし土地の所有権をもっているわけではありません。利用権をもっているという意味です。利用権をもつ土地には、自由に出入りができます。何かを植えたり、採ったり、あるいは建物を建てたりなど誰の承諾を得ずにできます。

一つひとつの土地区画には、利用権をもつ「リジェロバル」が複数います。加えてその土地の日常的な管理に責任をもつ「アラップ」と呼ばれる人がいます。「アラップ」は、利用権者であるとともに、その
土地の管理責任者でもあります。さらにその土地を名目上所有している「イロジ」と呼ばれる首長がいます。つまりマーシャル諸島の土地管理は三層構造になっているわけです。

首長は土地制度を背景にした権力をもっています。行事では必ず来賓席に迎えられますし、土地を利用している「リジェロバル」から首長に対し、その土地から収穫したものを貢ぐ光景は今でも広く見られます。

ただ首長=地主とは必ずしもいえません。たとえばマーシャル諸島で公共事業をするとき、該当する土地の首長の同意だけでは不十分です。土地管理者である「アラップ」の承諾、さらに利用権をもつ「リジェロバル」の代表者の承諾も必要になります。外部の者がその土地を利用する場合、首長であっても単独で土地利用を進めることはできない仕組みになっているのです。

外部の者がその土地を買うことはできないので、借りることになります。ただ土地には値段がつけられていません。都市部では外国人相手や政府機関には、賃貸料を請求するケースが近年はみられますが、マーシャル人同士なら、都市部でもただ同然で、その土地に家を建てさせているケースが一般的です。そこには「チバン」と呼ばれる分かち合いの精神が働きます。

マーシャル諸島の土地は、個人の私的所有ではなく、商品化されてはいません。また行政の公的管理でもなく、地域住民の共的管理がなされています。「コモンズの悲劇」として、ギャレット・ハーディングが否定的あるいは消えていくべきものとみなした「共有地」や「入会権」が、マーシャル諸島では今も息づいているのです。

こうしたマーシャル諸島の土地制度は、崩れていく方向にあるのでしょうか。土地がもつ多様な機能にも注目しながら、マーシャル諸島の土地制度の現状と未来を後編ではみていきたいと思います(続く)。

<参考文献>
中原聖乃・竹峰誠一郎『マーシャル諸島ハンドブック―小さな島国の文化・歴史・政治 』(凱風社・2007年)
スポンサーサイト



<< 竹峰誠一郎さんのマーシャル諸島論 2 | ホーム | 燃料費高騰と島の生活、海運コストの増加、違法薬物の島嶼への流入、フィジーと中国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP